あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

温活には血流改善 ~リンパの流れを作るコマネチスクワット~

温活には血流改善 ~リンパの流れを作るコマネチスクワット~

  • Exercise

温活には血流改善 ~リンパの流れを作るコマネチスクワット~

更新日:

| パフォーマンス | 温活 |

こんにちは、理学療法士の今井俊太です。さあ今回も前回に引き続き、リンパの流れを作る方法です。前回は、ストレッチでしたが今回は、少し疲れるスクワットを楽しみながらやってみましょう。実はスクワット、血流をよくし自律神経のバランスを整える運動としても最近注目され、自律神経の研究で有名な順天堂大学医学部教授、小林弘幸先生が提唱しています。

以前、「風邪を引きにくい防衛体力をつけよう」という記事でお伝えした通り、免疫力を高める“適度な運動負荷”としてもスクワットは有効な運動です。スクワットによって、自律神経を整え、血流を改善することで、リンパの流れを促進することができます。

つまり、血流改善とリンパの流れは常にセットで考えなければいけません。特に、リンパの流れは静脈の流れが重要で、これは筋肉のポンプ作用によって心臓に戻っていきます。

このポンプを効率的に使うためには、下半身の大きな筋肉を使うことが重要になります。スクワットはその中でも、特に下半身の大きな筋肉を動かすことに有効な運動です。

リンパのありかをもう一度確認しよう


前回もご紹介したのですが、上の写真を見てください。これが、全身のリンパの図です。前回は、特に上半身に多くあるリンパの流れを解消することが重要だと説明しました。今日は少しふざけた運動で、リンパの流れを作っていきたいと思います。

そのポイントは、股関節の付け根です。写真を見ても分かる通り、股関節付け根には、下半身のリンパの流れが集まってきています。

オイルなどを使って、足全体をマッサージすることでも、リンパの流れを良くすることはできますが、その前に股関節の付け根も一緒にほぐしておくと、より流れやすい状態を作ることができます。

静脈と動脈の構造は違う


あまり一般の方は知らないことかもしれませんが、動脈(赤)と静脈(青)は構造が全く違います。動脈は、心臓の力で循環しますが、静脈は、筋肉のポンプが重要です。心臓は一定のリズムで動きますが、筋肉は一定ではありません。

そのため、静脈の血が逆流しないためにも「弁(べん)」が必要になります。これがあることで、血が逆流しようとすると弁が閉じます。

病院で手術して、入院中にキツイ靴下(弾性靴下)を履きますが、これを静脈の血が流れず「血栓(けっせん)」ができることを防ぐためのものです。ちょっと話が、難しくなってきましたので、運動していきましょう。

コマネチでむくみを和らげよう


みなさんご存知、ビートたけしさんのギャグに「コマネチ」というものがありましたね。実はこの動き、理学療法士的に見てとても優れた運動だなと思います。理由はいろいろとありますが、人はどんな動きをする時も必要な要素として股関節をたくさん動かすことが重要なのです。

今回の場合ですと、リンパの写真を見てもらうとわかる通り、股関節、それもやや内側に、リンパが集まっているのがよくわかります。ですので、運動も「コマネチ」のギャグ同様、この部分をこするだけでいいのです。

試しに、その部分をこする前に、足の太さを測ってもらって、コマネチ運動を5〜10回ほど繰り返し行った後に再度計測してみてください。(できればこの運動は、周りに人がいない時にすることをお勧めします)多少のサイズダウンは見込めるとかと思います。

それでは実際に、「コマネチスクワット」を行なっていきましょう。

1,まず、上の写真同様、股関節の付け根を両手で触れます。

2,次に、足幅を肩幅よりやや広めに取り、つま先は外を向けます。

3,この姿勢の状態から、ゆっくり膝を曲げ、スクワットを行うのですが、体が前に倒れたり、後ろに倒れたりしないよう、まっすぐしゃがみます。

*1膝を曲げる角度は、辛くない程度で大丈夫です。できれば、膝がつま先よりも前に行かない程度に曲げましょう。
*2膝に痛みを感じる場合は、すぐに中止してください。

4,5秒間で膝を曲げ、5秒間で膝を伸ばす運動を繰り返します。

5,今回のスクワットはあくまでも、リンパを流したり、血流をよくするための運動ですので、5〜6回行えばよいでしょう。

程よく、ももの裏に刺激が入っている感覚があればOKです。

<参考文献>

1) 鈴木克彦.好中球と炎症性サイトカイン.新運動生理学(上巻).真興交易医書出版部.東京.2001:350-363.

2) 鈴木克彦.運動と免疫.日本補完代替医療学会誌.第1巻.第1号.2004年2月:31-40

3) 秋本崇之,扇原淳.疫学からみたエビデンス:特集/運動は免疫能を高めるか? 臨床スポーツ医学.2002;19:1283-1287.

文:リズムアンバサダー 今井俊太
写真提供:今井俊太

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| パフォーマンス | 温活 |

関連記事

“夏本番、ちょうどよくダイエット企画”教えて、深野先生!(2)むくみ解消

  • Beauty
  • Exercise
  • Relaxation

“夏本番、ちょうどよくダイエット企画”教えて、深野先生!(2 ...

桃尻を育てる秘訣!美尻を作り育てる生活習慣とは?

  • Exercise

桃尻を育てる秘訣!美尻を作り育てる生活習慣とは?

血管年齢に自信はありますか?ストレッチで血管から美しく

  • Exercise

血管年齢に自信はありますか?ストレッチで血管から美しく

スポーツによる腰痛を改善するストレッチ:事前に行う予防法も紹介

  • Exercise

スポーツによる腰痛を改善するストレッチ:事前に行う予防法も紹介

メーカーの違いは必見!マラソンシューズの選び方

  • Exercise

メーカーの違いは必見!マラソンシューズの選び方



新着記事

世界が認める究極の宿!日本の人気ホテルベスト5

  • Relaxation

世界が認める究極の宿!日本の人気ホテルベスト5

~堀 知佐子の「美をつくる食卓」~ 抗酸化パワーをいただく、菜の花としらすのリゾット

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

~堀 知佐子の「美をつくる食卓」~ 抗酸化パワーをいただく、菜の花としらすのリゾット

ホットストーンを使ったマッサージとは?3つの効果を紹介

  • Relaxation

ホットストーンを使ったマッサージとは?3つの効果を紹介

【特集/女のからだと代謝】 働く女性の栄養が危ない!?

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

【特集/女のからだと代謝】 働く女性の栄養が危ない!?

願い事が叶いやすい人がよく実践する、新月の習慣とは!?

  • Relaxation

願い事が叶いやすい人がよく実践する、新月の習慣とは!?

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP