あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

Let’s あごササイズ

Let’s あごササイズ

  • Exercise

Let’s あごササイズ

更新日:

| 咬合力 | 姿勢 | 関節 |

こんにちは、理学療法士の今井俊太です。前回に引き続き、口腔ケアの一環として、「咬合」について書いていきたいと思います。咬合と聞くと難しいですが、噛み合わせのことです。普段の私は、よくカミ倒しているのですが、今回はそちらのカミ癖ではなく、噛み合わせの方の噛み癖について書いてみたいと思います。

前回は、噛み合わせが体重移動によって変わることを体験いただきました(前回の内容はこちらからご覧ください)。この体験でわかったと思いますが、噛み合わせは姿勢などの影響を強く受けます。人によっては、体全体のバランサーとしてアゴがあり、天秤のように釣り合うよう顎が機能しているとも言われます。

前回の場合は、姿勢→噛み合わせでしたが、噛み合わせ→姿勢の可能性も十分に考えられます。この問題に対しては、直接アゴにアプローチする必要があります。人によっては、顎関節症(がくかんせつしょう)によってアゴの関節がゴリゴリいう人もいると思いますので、ムリなさらないように。

アゴは特殊な関節だった


ここではあまり詳しい話は避けようと思います。なぜかと言いますと、すごく複雑だからです。まず、知っておいて欲しいことは、顎関節の間には関節円板(かんせつえんばん)という軟骨が挟まっていることです。実は、これに直接筋肉がついていて、口が開く前に、この円板が移動します。

顎関節症の多くは、これが口を開く前にすでに関節から出てしまっていることで起こります。この辺りは、いろいろな要因がありますので、割愛しますね。話を戻しますと、口があく前に、下顎が前に飛び出します。つまり、この飛び出す動きがないと口はあきません。

最近問題視されているスマホによる首の障害は、この部分にも問題を起こします。首が前に出る(猫背)と自然と口が開いてしまう形になります。これは、首と顎につく筋肉の関係上そうなりますが、スマホによる首の問題は、顎にまで影響します。ボケーっと口を開けている人を直す際には、口を閉じるように指導するのではなく、姿勢を正させることにあるのはこのためです。

アゴの動きは3パターン

ざっくりと、関節の説明をしましたが、比較的自由度の高い関節なのが顎関節です。その動きのパターンは大きく分けて3つになります。まずは、先ほど説明した通り、前方に滑る動きをします。アントニオ猪木や「アイーン」とする時の動きになります。次は、口が開く動き。そして最後に、左右にずれる動きです。

馬や牛、羊が草を食べるときに動かす口の動きは、この左右に動く動きになります。まずはこの3つのパターンの動きをやってみましょう。

Let’s あごササイズ

さてまずは、アゴを前に出す運動から。その時に、耳の穴のちょっと前あたりを触ってみましょう。口を開けた時に、そのあたりを触ると凹むのがわかると思いますが、そこが顎関節です。これから行う運動は、そこを触りながら行います。

まずは、アントニオ猪木の気持ちになって、アゴを前に出してみましょう。いかがでしょうか?この動きをした時に、触っている関節の部分が、グリグリ音を立ててしまう人がいるでしょう。これは、先ほどご説明した関節円板の位置がズレてると音がなります。

次はそのまま口を開けます。この時も、音がなっていないかどうか注意します。そして最後に、左右に動かします。この3つの動きを行なって、ゴリゴリ音がならないかたは、良いアゴです。ナイスアゴ。

では続いて、強制要素の強い方法を行います。動きは先ほど行った3つのパターンです。まずは、首だけで右を向きます。この状態で同じように

1,前にアゴを出す。

2,口を開ける。

3,左右に動かす。

をそれぞれやってみましょう。するとどうでしょう。首を右に向けただけで、さっきなっていなかった音が鳴り始めてしまう人がいるでしょうか。またはその反対に、音がなくなる人もいるでしょう。

これを同じような要領で、首だけ左を向く姿勢で同じ動きを行いましょう。これも先ほどと同じで、音が鳴り始めるまたは、音がなくなる方がいると思います。理想は、どちらでも音がならないことです。

この動きを、各パターンで3回づつ行ってから、正面を向いた状態でもう一度3つの動きを行なってみてください。するとどうでしょう。先ほど音がなっていた動きが、音がなくなっていないでしょうか?すぐに効果が現れる人もいますが、そうではない人もいますが、上手に動かせるとこれだけで、ゆがんだ顎関節の動きを修正することができます。

この動きの中で痛みが出る方は必ず、歯科を受診しましょう。また、痛みが出るときはこの動きを行わないようにしてください。

では、この運動でナイスアゴを目指しましょう!

文:リズムアンバサダー 今井俊太
写真提供:今井俊太

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 咬合力 | 姿勢 | 関節 |

関連記事

バストアップ&二の腕痩せに!楽チン腕立て伏せエクササイズ

  • Beauty
  • Exercise

バストアップ&二の腕痩せに!楽チン腕立て伏せエクササイズ

【特集/女のからだと代謝】基礎代謝と年齢の関係

  • Beauty
  • Exercise
  • 提携メディア

【特集/女のからだと代謝】基礎代謝と年齢の関係

いま欧米女子に人気なのは、細い身体より、鍛えた強い身体

  • Beauty
  • Exercise

いま欧米女子に人気なのは、細い身体より、鍛えた強い身体

夏の冷えは、肩甲骨エクサでバイバイしましょ!

  • Exercise

夏の冷えは、肩甲骨エクサでバイバイしましょ!

青山剛「バストアップするための歩く前の準備!」 ~スタイルアップ・ウォーキングメソッドvol.6~バストアップ編

  • Exercise


新着記事

ありのままの心と身体を見つめる「瞑想時間」をつくろう

  • Relaxation

ありのままの心と身体を見つめる「瞑想時間」をつくろう

タラソテラピーとは?海の力で心も体も癒される!

  • Relaxation

タラソテラピーとは?海の力で心も体も癒される!

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

  • Relaxation

小さな不調も吹き飛ばす!話題の「瞑想を上手くする」コツ

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

  • Relaxation

緊張性頭痛とは?ストレス解消効果のあるマッサージを紹介

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

  • Beauty

イヤージュエルセラピー(新・耳ツボ療法)で更年期障害対策を!

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる