あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

低血圧の定義となる数値はどれくらい?特に気をつけたい低血圧の種類とは

低血圧の定義となる数値はどれくらい?特に気をつけたい低血圧の種類とは

  • Relaxation

低血圧の定義となる数値はどれくらい?特に気をつけたい低血圧の種類とは

更新日:

| 健康 | 健康管理 | 血圧 |

高血圧に関しては、その危険性や原因、そして対策法などがいろいろなところで指摘されています。深刻な影響も認知されていることから、積極的に周知拡散されている人や自らが提唱されているさまざまな対策を実践している人も。

しかし、低血圧のこととなると高血圧と比べて関心は薄くなります。その危険性を認識することがないばかりか、指摘を受けるまで低血圧であることを知らずに過ごしている人も少なくありません。

今回は、低血圧の定義と数値、症状、とくに気をつける必要がある低血圧の種類について紹介します。

低血圧の定義と症状とは?

まずは、低血圧の詳しい定義と症状について知っておきましょう。低血圧は一般的に、数値が当てはまっても重大な危険性はありません。

低血圧の定義

WHOによる低血圧の定義となる数値は、最高血圧(上の血圧)が100mmHg以下、最低血圧(下の血圧)が60mmHg以下です。低血圧は高血圧症状と違い、重大な危険性を孕んでいることは少なく、ほとんどの場合は気がつくことなく過ごしている場合が多いもの。

低血圧であっても、日常生活に支障がなく生活できている場合はそれほど問題にする必要もありません。

低血圧の症状

ただ、問題視する必要はないとはいえ極めて低い血圧に陥った場合は、ショックと呼ばれる症状を引き起こし、命にかかわる事態となる場合もあります。

また低血圧がひどくなれば、充分な血液が供給されなくなってしまうため、結果として細胞が必要な酸素や栄養を受け取れずに、老廃物を適切に排除できなくなってしまうことも。そういった極端な状態にはなかったとしても、立ちくらみやめまい、倦怠感などといった症状を抱える場合も多く見られます。

30歳未満の若い女性においては、約1割が当てはまるとも言われており、症状を自覚している人は低血圧症として治療をおこなう人もいます。

低血圧になる原因とは?

低血圧は、体内の血液が不足してしまうことだけでなく、血流が悪くなることでも起こります。その原因は、脱水や出血、また腎臓の障害、体力・筋力の衰えなど。また貧血体質の人も、低血圧になりやすい傾向にあります。

脱水や出血は血液の減少に結びつき、また腎臓障害や体力・筋力の衰えは、血流の悪さを引き起こします。水分補給を怠ったり、運動不足になったりすると、低血圧にななりやすくなってしまうのです。

低血圧の種類

低血圧は、主に4種類があるとされています。

【1】本態性低血圧…はっきりとした原因が判らない低血圧で、自覚症状を伴わないことが多いです。

【2】二次性低血圧…心臓などに何らかの病気があったり、ホルモン分泌機能の低下や、神経障害などの原因で起こる低血圧を指します。

【3】起立性低血圧…ベッドや椅子から急に立ち上がった場合などに、急激に血圧が下がるために起こる低血圧です。頭部へ運ばれる血液の量が減ることで、立ちくらみ等を引き起こします。

【4】食後低血圧…食事をした後に、急激に血圧が下がるものです。

高齢者が注意すべき低血圧

4種類の低血圧のなかで高齢者が注意すべきものに、食後低血圧と呼ばれる低血圧があります。これは、食後の血圧を維持するセーフティー機能が作用しなくなることから起こるもの。急激な血圧低下に陥ってしまうため、強い立ちくらみを起こし、気を失う場合もあります。

またそれだけでなく、脳卒中や心筋梗塞の引き金になる可能性も。食物消化のために集まった、腸への大量の血液によって起こされる低血圧ですが、本来ならば血圧維持のために血管を収縮する代償機能が働くはずなのに、高齢のために働かなくなってきていることが原因です。

ちなみに、最高血圧が食前よりも20mmHg以上低下する場合は、食後低血圧の可能性が高いとされています。食後に違和感を覚える人は、一度病院で検査をしてみるのがおすすめです。また、日頃から血圧の変化をチェックしておくことも役立ちます。

血圧管理には上腕式血圧計がおすすめ

血圧を管理するには、医療機器として高い信頼と評価を得ているオムロンの上腕式血圧計がおすすめです。 チューブレスで装着から測定、収納まで簡単にでき、スマートフォンアプリで血圧のデータもチェック可能。

上腕式血圧計をチェックする

まとめ

今回は、低血圧の定義や症状、種類について紹介しました。低血圧は高血圧と違って軽く見られがちですが、実は日常生活において気が付かずに倦怠感や疲労感、不眠、肩こりなどを発症していたり、さまざまなケースを抱え込んでいることあります。懸念事項がある人は一度病院で検査をし、対策をしましょう。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 健康 | 健康管理 | 血圧 |

関連記事

しみる・ズキズキする…歯にまつわる「あるあるシーン&対処法」

  • Relaxation

しみる・ズキズキする…歯にまつわる「あるあるシーン&対処法」

肩こりにぴったり!オムロン低周波治療器HV-F022の評判・口コミは?

  • Relaxation

肩こりにぴったり!オムロン低周波治療器HV-F022の評判・口コミは?

幸せ体質を目指そう!簡単にセロトニンを増やす方法とは

  • Relaxation

幸せ体質を目指そう!簡単にセロトニンを増やす方法とは

「水中を舞うマンタの魅力」パラオ・ダイビング Vol.6

  • Relaxation

「水中を舞うマンタの魅力」パラオ・ダイビング Vol.6

東京は3位、では1位は?肩こりが最もひどい県はどこ?

  • Column
  • Relaxation

東京は3位、では1位は?肩こりが最もひどい県はどこ?



新着記事

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

  • Relaxation
  • 提携メディア

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

  • Relaxation
  • 提携メディア

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

  • Relaxation
  • 提携メディア

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる