あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

食物アレルギー日記 vol.1 生後間もなく食物アレルギー発覚

食物アレルギー日記 vol.1 生後間もなく食物アレルギー発覚

  • Column
  • Food

<COLUMN>
食物アレルギー日記 vol.1 生後間もなく食物アレルギー発覚

更新日:

| 体質改善 | 免疫力 | 食物アレルギー |

皆さん、こんにちは。アレルギーナビゲーターの細川真奈です。

今回から、わたしが食物アレルギーと向き合ってきた30年間の半生を、時系列に沿って綴っていくことになりました。

現在、食物アレルギーを持っている方、お子さんが食物アレルギーという方、友人や恋人が食物アレルギーという方、様々な視点があるとは思いますが、少しでもこれからのアレルギー対策のヒントや心の支えになればと思い、記事にすることにしました。

食物アレルギーの始まり

IMG_1715

1985年8月6日 19時57分。

東京都内にて3090gの元気な女の子が生まれます。

その子の名前は「真奈」。そう、わたしのことです。

「マナ」とはラテン語で「神様からのさずかりもの」という意味でつけられた名前なのだそうです。その名の通り、みんなに祝福されて誕生したわたしに、悲劇が襲いかかったのは3ヶ月健診の時でした。

IMG_1704

1985年11月7日。3ヶ月健診を受けに病院へ。

写真を見る限りでは、アトピーの様子は感じられませんが、ひじの内側・ひざ裏に湿疹のようなものができていたわたしを見て、医師は「アトピー性皮膚炎」という診断結果を下します。

当時の母子手帳には「病院にてアトピー性皮膚炎の軟膏」と記されていました。それがステロイド使用の始まりでした。

それから、1ヶ月後の4ヶ月健診。

体重増加不良のため、それまでの母乳に粉ミルクを追加することに。12月9日には粉ミルクを1日2回。そして同じ月の24日には3回に。翌年の1月には母乳をほとんど飲まなくなり、粉ミルクが1日5回になります。

そして、翌月の1986年2月11日から1週間、お腹を下し下痢が続きます。

原因は前日に初めて食べた魚と診断。その時にはアトピー性皮膚炎もひどくなり、顔中真っ赤。耳たぶもジクジクになってしまいます。赤くブツブツしたところに軟膏とガーゼを貼られますが、かゆくてというよりも邪魔なのか、まだ赤ちゃんだったわたしは手で取ってしまうため、なかなか治らなかったらしいです。

IMG_1705

そんな様子を見た近所の方に、良い先生がいると、厚生中央病院(目黒区)に勤務していた千葉友幸先生を紹介していただきました。

血液検査の結果が出た時、千葉先生に言われた一言を、母は未だに覚えています。

「お母さん。この子は一生、卵1つ食べられないかもしれません」と…。

まさにこの時、わたしの一家は、食物アレルギーと向き合うことになるのです。

どのように食物アレルギーと向き合っていくかについては、「体質改善を注射で治す方法」や「食事療法(除去食)」など、いくつかの選択肢があったらしいです。

母はとにかく悩んでたくさんたくさん考えました。

体質改善の注射は聞くだけでもゾッとするし、でも女の子なのに、こんなひどい見た目の状態はかわいそうだと悩んだ挙げ句、母は食事療法を選択することにしました。

この記事を書くにあたって、母になぜ食事療法を選択する決心をしたのか聞いてみたところ、母はこう答えました。

「食べられないものが多くてちゃんと成長するのか心配だったけど、昔の人のことを考えてみたの。時代劇に出てくるお百姓さんは、ほとんどのお米をお殿様に納めていたからお米すら満足に食べていなかったでしょ?それでも働いたり、生活できていたのだから大丈夫だと思って、食事療法にすることに決めたのよ。20歳になったら本人に決めさせようと、そう思っていたの」

そのことを初めて聞いたわたしは、思わず涙が出ました。

もしわたしが母と同じ立場だったとしたら、その決断をできたのでしょうか。

今でこそ、食物アレルギーの子どもは増えていて、対応食や対応してくれる学校も増えているけど、当時「食物アレルギー」といったらまだ医療業界的にも未知の領域。

そんな時代に、またその若さ(当時母は20歳)で決断をした母を心から尊敬しています。

文・写真提供:リズムアンバサダー 細川真奈

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 体質改善 | 免疫力 | 食物アレルギー |

関連記事

「そのとき」は、ある日突然に【神原サリーさん介護奮闘記Vol.1】

  • Column

「そのとき」は、ある日突然に【神原サリーさん介護奮闘記Vol.1】

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「最高パフォーマンス発揮のためのスキル」

  • Column

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「最高パフォーマ ...

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(後編)

  • Column
  • Relaxation

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(後編)

歯が痛いときの食べ物・食事はどうすれば… おすすめレシピは何? 【歯科医監修】

  • Column

歯が痛いときの食べ物・食事はどうすれば... おすすめレシピは ...

暑くてお風呂に入れないときは「シャワーマッサージ」を試してみよう!

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

暑くてお風呂に入れないときは「シャワーマッサージ」を試して ...

新着記事

室温・明るさ・パジャマまで!見直したいぐっすり睡眠環境6つ

  • Relaxation

室温・明るさ・パジャマまで!見直したいぐっすり睡眠環境6つ

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

  • Column
  • Relaxation

歯茎&くちびるマッサージで魅惑の口元を!

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

  • Column
  • INTERVIEW
  • Special

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(前編)

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

  • Food

起業家、浜田寿人「日本人に必要なグローバル編集力」

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪の引き始めはバスタイムでからだケア 自家製アロマバスソルト

  • Beauty
  • Relaxation

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪の引き始めはバスタイムでからだケア 自家製アロマバスソルト

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる