あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

食物アレルギー日記 vol.23 インフルエンザの予防接種と卵アレルギー

食物アレルギー日記 vol.23 インフルエンザの予防接種と卵アレルギー

  • Column
  • Food

<COLUMN>
食物アレルギー日記 vol.23 インフルエンザの予防接種と卵アレルギー

更新日:

| 生活習慣 | 食事 | 食物アレルギー |

こんにちは。アレルギーナビゲーターの細川真奈です。最近、急激に冷え込んできましたが、体調崩されたりしていませんか?

この時期になると流行してくるのが「インフルエンザ」。

皆さんが当たり前のように予防接種を受けているインフルエンザワクチンですが、わたしは生まれてから一度も受けたことがありません。なぜなら、インフルエンザワクチンの中に、微量の鶏卵成分が含まれているからです。

でも最近の発表によると、日本のインフルエンザワクチンに含まれる鶏卵の成分は極微量になったのだそう。とはいえ、卵に関するアレルギー数値が高い(5~6)の方や、卵でアナフィラキシーショックを起こしたことがあるくらい重度の卵アレルギーの方は控える必要があるようです。

わたし自身は、乳製品でアナフィラキシーショックを起こしたことがあり、卵も乳製品も同じアレルギー数値(3)の為、今でもインフルエンザの予防接種は受けられずにいます。

ですが、幸いなことにインフルエンザにかかったことがあるのは小学生の時の一度のみ。一緒に住んでいる家族がインフルエンザにかかったことや、職場で隣の席の人がインフルエンザにかかったこともありますが、うつったことはありません。

ワクチンだけがインフルエンザ予防ではないのでは?

よく、周りの友達で「毎年インフルエンザの予防接種してるのに、よくインフルエンザにかかっちゃうんだよね〜。なんでだろう。ワクチン打つのやめようかな」なんて言葉も聞きます。

もちろん、インフルエンザにかからないよう抗体をつける為に、ワクチンを投与することは大切だと思います。特に小さいお子さんは、インフルエンザにかかると肺炎をおこしたり、重篤な病気にかかりやすいといわれているのでご両親の判断は難しいと思います。

これはあくまでもわたし個人の実体験と考えですが、インフルエンザワクチンを投与しなかったからといって、必ずしもインフルエンザにかかるとはいえないのではないかと思っています。わたし自身は、インフルエンザワクチンの接種が難しいからこそ、日頃の生活習慣において、様々なことに気をつけています。

もちろん、それをしているから絶対大丈夫なんてことは言いませんが、予防の意識を持つことは大事だと思います。

皆さんの健康に少しでもお役に立てるよう、今回は普段からわたしが気をつけていることをご紹介してみます。

ワクチンが打てなくてもできること

①帰宅時のうがい・手洗い
②風邪薬の代わりにマヌカハニー
③適度な運動
④十分な睡眠

まず、①の「帰宅時のうがい・手洗い」に関しては、小さい時からずっとかかさず行っているので、もはや無意識的に一連の流れで行っている気がします。

②の「風邪薬の代わりにマヌカハニー」ですが、特に乳製品にアレルギーがある人は市販の風邪薬が飲めない為、普段は病院で処方してもらうしかないと思うのですが、ハチミツであれば手軽に手に入れることができて、家に常備することができると思います。

わたしは朝起きて喉に異変を感じた時や、風邪をひきそうだと感じた時に、ティースプーン1杯分を舐めるようにしています。マヌカハニーには抗菌・抗酸化作用があるので、寝る前に舐めたりもします。ただし、1歳未満もお子様には与えないようにしてください。

③の「適度な運動」について。リズムでの連載で何度もお伝えしてきましたが、適度な運動はとても大事です。運動をすることによって、睡眠や食欲の増幅にも繋がるからです。

わたしは駅の階段を意図的に使うようにしたり、時間に余裕があれば家から一駅分歩いたりしています。ヨガは自分が行うレッスンの他にも、個人的に週一回はレッスンに通うようにしています。ヨガを始めてから冷え性がなくなったどころか、代謝もあがり、今まで簡単に出なかった汗がすぐに出てくるようにまでなりました。

④の「十分な睡眠」は一番大切かも知れません。良質な睡眠は、体調はもちろんのこと、お肌のコンディションも良くしてくれるので、女性は特に気にかけた方が良いことだと思っています。

とはいえ、不規則な仕事などで、22時〜26時に寝るのはなかなか難しい人もいるかもしれません。仮にその時間に眠れなかったとしても。いかに深く質の良い睡眠をとれるかを意識しましょう。

ディフューザーでアロマを焚いたり、リラクゼーションミュージックを聴いたり、温かい飲み物を飲んだり、入浴して身体を温めたり…方法はたくさんありますね。

日常生活を少し改善し、インフルエンザや風邪にかかりにくい、元気な身体作りを始めてみませんか?

文:リズムアンバサダー 細川真奈

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 生活習慣 | 食事 | 食物アレルギー |

関連記事

3ヶ月で6kg減!ホントに痩せた「肉とビールでダイエット!?ナイトvol.3 supported by Rhythm」開催レポート

  • Column

3ヶ月で6kg減!ホントに痩せた「肉とビールでダイエット!?ナ ...

食物アレルギー日記 vol.32 アナフィラキシーショック症状発生時の血圧の低下

  • Column
  • Food

食物アレルギー日記 vol.32 アナフィラキシーショック症状発生 ...

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.1 〜野人、日本代表に選出される〜

  • Column

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.1 〜 ...

東京は3位、では1位は?肩こりが最もひどい県はどこ?

  • Column
  • Relaxation

東京は3位、では1位は?肩こりが最もひどい県はどこ?

ダイエットの1歩は“はかる”ことから~体組成計と活動量計を使いこなす

  • Column
  • Exercise

ダイエットの1歩は“はかる”ことから~体組成計と活動量計を使い ...



新着記事

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

  • Relaxation
  • 提携メディア

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

  • Relaxation
  • 提携メディア

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

  • Relaxation
  • 提携メディア

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる