あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

疲労回復マッサージの効果を上げるためのポイント5つ【医師監修】

疲労回復マッサージの効果を上げるためのポイント5つ【医師監修】

  • Exercise
  • Relaxation

疲労回復マッサージの効果を上げるためのポイント5つ【医師監修】

更新日:

| パフォーマンス | マッサージ | 疲労回復 |

毎日のハードワークでお疲れぎみのあなた。少し動いただけで疲れてしまうなんてことはりませんか?特にストレスがたまっているとますます疲れはとれにくいものです。

そこで疲労回復のための一つの方法として、マッサージ方法をご紹介します。

でも、疲労回復マッサージといっても何からやればいいのか分からないという人も多いのでは?そこで、疲労回復の効果を上げるためのポイントをしぼってご紹介。生活習慣や食習慣からの疲労回復法もあわせてチェックしていきましょう!

(監修・取材協力)

福島吉野スマイル内科・循環器内科
院長 坂口 海雲(さかぐち みくも)先生
平成21年大阪市立大学医学部卒業。大阪市立大学 臨床研修の後、平成23年に大阪市立大学循環器内科入局。ベルランド総合病院、川崎病院 臨床助教、大阪市立大学病院を経て、平成28年10月に福島吉野スマイル内科・循環器内科(http://sakaguchi-smile-clinic.com/)を開院。日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医、日本循環器内科学会所属医医学博士

疲労回復マッサージのポイント

疲労回復マッサージは、闇雲に行うよりも、ポイントを押さえて行ったほうが効率的です。ぜひ次のポイントを踏まえて実践していきましょう!

1.血流とリンパを流す!

マッサージの効果は、血流が促進されることにあります。血流が促進されると、疲労回復効果、リラックス効果などが期待できます。また、たまっている老廃物を流すためには、リンパを流してあげることが大切です。リンパ節が集まっている場所を中心にマッサージを。

2.筋肉をほぐして緊張・痛みを取り除く!

こりかたまった筋肉をほぐすことで、動作をしやすくなったり、緊張や痛みが緩和されやすくなったりします。同時に関節などがほぐされ、柔軟になることで、狭くなった可動域も広がります。

3.温めてマッサージする!

マッサージをするときには、その部位を入浴で温めてから行うと、血管が拡張することで血行がよくなり、血流が流れやすくなります。また、温めると筋肉が柔軟になりやすくなることも。結果的にマッサージ効果が上がるでしょう。

4.身体の末端から中心に向かってマッサージ!

マッサージの基本は、心臓へと血流を戻すイメージで、身体の末端から中心への方向へ向かってマッサージすることにあります。これにより血行がより改善されやすくなります。

5.気持ちいいくらいの強さで!

マッサージ中、どれくらいの強さで押せばいいの?と疑問に思ったことはありませんか?基本的に、気持ちいいと感じるくらいの強さに留めておきましょう。無理をして痛い想いをする必要はありません。深く押すとかえって筋肉を傷めることがありますので適度に行ってください。

疲労回復するためのマッサージ方法

ではいよいよ具体的なマッサージ方法をみていきましょう。

例えば、歩き疲れた日の夜、ふくらはぎのマッサージを行う場合、次のように行います。お風呂あがりやお風呂に入っている最中に行うとよりよいでしょう。

1.ふくらはぎを両手でつかむ
2.親指でゆっくり20秒くらいかけて、ふくらはぎを足首から膝の裏へかけて上に向かって指圧していく
3. 2~3回繰り返す

寝る前にストレッチをしてぐっすり質の高い睡眠を

寝る前は激しい運動を避けて、ストレッチ程度にとどめてください。激しい運動は身体が覚醒してしまい、睡眠の質を下げてしまうことがあります。筋肉をほぐすストレッチもいいでしょう。寝る前にストレッチを10分間行うことで、入眠までの時間が短縮されたという実験結果もあります。

ビタミンB摂取もおすすめ


疲労回復マッサージ習慣と同時に、毎日の食生活の中で、疲労回復をサポートする栄養素も取っておきましょう。

特に疲労回復効果のある栄養素にビタミンB1があります。ビタミンB1を多く含むのは豚肉、レバー、胚芽、豆類などです。また、にんにくにはビタミンB1とアリシンというものが含まれています。アリシンは、ビタミンB1と結合すると、より吸収されやすい物質に変化します。これにより疲労回復効果が、長時間続くといわれています。

豚肉とにんにくを一緒に調理するメニューは、疲労回復にぴったりです。

まとめ

このように疲労回復マッサージの意味を理解して、ポイントを押さえて行うことで、マッサージの効果を上げることができます。そのほかにも疲労回復のために生活習慣や食習慣も合わせて実践してみてください。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| パフォーマンス | マッサージ | 疲労回復 |

関連記事

運動が苦手でも大丈夫!スロージョギングのすすめ

  • Exercise

運動が苦手でも大丈夫!スロージョギングのすすめ

冬のハワイの楽しみ方!オアフ島のおすすめトレッキングスポット

  • Exercise

冬のハワイの楽しみ方!オアフ島のおすすめトレッキングスポット

青山剛「脚が太くならない歩き方と太くなる歩き方!」 ~スタイルアップ・ウォーキングメソッドvol.3~

  • Beauty
  • Exercise

青山剛「脚が太くならない歩き方と太くなる歩き方!」 ~スタイ ...

“夏本番、ちょうどよくダイエット企画”教えて、深野先生!①冷え対策

  • Beauty
  • Exercise
  • Relaxation

“夏本番、ちょうどよくダイエット企画”教えて、深野先生!①冷え対策

ダイエットに使える?腹筋の運動効果と消費カロリーを紹介

  • Exercise

ダイエットに使える?腹筋の運動効果と消費カロリーを紹介

新着記事

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

「快眠エクササイズで夏バテ知らずのヘルシーボディに!」Vol.22

  • Exercise

「快眠エクササイズで夏バテ知らずのヘルシーボディに!」Vol.22

「水毒」を解消してスッキリ痩せる!水太りの解消の仕方

  • Beauty

「水毒」を解消してスッキリ痩せる!水太りの解消の仕方

夏冷えで疲れた胃腸を整えるハーバルケア

  • Beauty
  • Relaxation

夏冷えで疲れた胃腸を整えるハーバルケア

“夏本番、ちょうどよくダイエット企画”教えて、深野先生!①冷え対策

  • Beauty
  • Exercise
  • Relaxation

“夏本番、ちょうどよくダイエット企画”教えて、深野先生!①冷え対策

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる