あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

冷え性が足のふくらはぎの筋肉を鍛えたい理由【医師監修】

冷え性が足のふくらはぎの筋肉を鍛えたい理由【医師監修】

  • Beauty

冷え性が足のふくらはぎの筋肉を鍛えたい理由【医師監修】

更新日:

| トレーニング | 冷え性 | 温活 |

冷え性の原因をご存知ですか?人それぞれ異なるといわれていますが、大きく分けて、血流が滞っていることと、代謝がうまくいっていないことが挙げられます。

この二つの原因に有効といわれているのが、足の筋肉の中でも、太ももやふくらはぎを鍛えることです。その理由と実践方法をみていきましょう!

冷え性は筋肉量が少ない?

冷え性の原因の一つに、筋肉量が足りず、身体が自ら熱を生み出せないことがあるといわれています。身体から熱を生み出される場所は、主に筋肉や内臓からといわれているからです。そのうち、筋肉量の差は大きいと考えられます。

冷え性は男性より女性のほうが多いというのはよく聞く話ですが、その理由は、この筋肉量の違いにあるといわれています。筋肉が大きければ大きいほど、熱産生量が増えるのです。

冷え性が鍛えるべきは太ももとふくらはぎ!


このことから、冷え性を改善するための一つの方法として、筋肉を鍛えるといいということが分かります。そして、冷え性を改善するために、鍛えると最も効果的といわれている筋肉が、下半身の筋肉、それも太ももやふくらはぎの筋肉です。

なぜ下半身の筋肉を鍛えるのがいいのかというと、理由は2つあります。一つは、下半身は心臓からより遠くなるため、血液循環が滞りやすくなる場所だからです。冷え性の場合、運動不足などが高じて、下半身の血行が悪くなっていることが多いといわれています。血行が悪いと冷えやむくみを引き起こしやすくなります。

もう一つの理由は、下半身は重力の関係で心臓へと血液を戻すためのより強い力が必要になるからです。そのポンプの役割をするのが、「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋肉なのです。

また、太ももの筋肉は、身体の中でも特に大きな筋肉なので、集中して鍛えることで、簡単に筋肉量を増やすことができるのです。

冷え性におすすめ!太ももとふくらはぎの筋力トレーニング方法

早速、冷え性におすすめの下半身トレーニング方法をみていきましょう。

スクワット(太ももの筋力強化)

スクワットは、太もも、すなわち大腿四頭筋を鍛える格好の種目といわれています。

1.足は肩幅より少し広めに開き、足先はやや外側を向かせて立つ。
2.ひざをまっすぐおろす。このとき、ややひざを外側に向けて曲げるようにする。内股にならないように注意。
3.太ももの裏側のラインが、床と平行になるまで曲げる。
このとき、膝が足のつま先よりも前に出ないようにするのがポイント。
◆これを20回繰り返して、3セット行う。

カーフ・レイズ(ふくらはぎの筋力強化)


カーフ・レイズは、ふくらはぎを鍛える基本的な方法です。

1.足を肩幅に開き、つま先はまっすぐ前に向ける
2.そのままゆっくり、かかとを上げ下げする。かかとを下げたときに、地面につかないすれすれのところで止める。
◆これを50回繰り返して、2セット行う。

いかがでしたか?ぜひこれらの下半身強化の筋トレを習慣づけて、冷えにくい身体づくりを行っていきましょう!

文:リズム編集部
(監修)野田 知路(トイトイトイクリニック)

野田 知路

トイトイトイクリニック
院長 野田 知路医師
経歴:2004年熊本大学医学部卒業。熊本大学病院初期研修。2006年久留米大学病院 麻酔科。2012年福岡大学病院 形成外科。2013年品川美容外科 品川本院。2014年品川スキンクリニック渋谷駅前院院長。2015年品川スキンクリニック池袋院院長。2016年トイトイトイクリニック開院。所属学会:日本形成外科学会正会員日本美容外科学会正会員。日本抗加齢医学会正会員。日本麻酔科学会認定標榜医
https://toitoitoi.clinic/

関連記事:
その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

関連特集:
Rhythm内の「冷え性」に関する、記事はこちらから

関連記事:
冷え性解消に!4つのシーン別“白湯”の嬉しい温活効果

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| トレーニング | 冷え性 | 温活 |

関連記事

秋のイライラはアロマで乗り切る!おすすめ精油10選

  • Beauty
  • Relaxation

秋のイライラはアロマで乗り切る!おすすめ精油10選

【特集/食とエイジング】”人生とからだが変わる”食とのつきあい方<前編>

  • Beauty
  • Food

【特集/食とエイジング】"人生とからだが変わる"食とのつきあ ...

季節の変わり目に起こりやすい冷えと自律神経の乱れに効果的な簡単ツボ押し

  • Beauty
  • Relaxation

季節の変わり目に起こりやすい冷えと自律神経の乱れに効果的な ...

毎日5分でOK。女子力を高めるヨガポーズ10

  • Beauty
  • Exercise

毎日5分でOK。女子力を高めるヨガポーズ10

【特集/歩くチカラを見直そう】ウォーキングで脳内麻薬が発動!? 心身ともにハッピー体質に!

  • Beauty
  • Exercise
  • Relaxation

【特集/歩くチカラを見直そう】ウォーキングで脳内麻薬が発動! ...



新着記事

理学療法士が教える。モデルウォークで風邪予防

  • Exercise

理学療法士が教える。モデルウォークで風邪予防

食欲がないときは紅茶がおすすめ。腸活に効く紅茶レシピを公開!

  • Food

食欲がないときは紅茶がおすすめ。腸活に効く紅茶レシピを公開!

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol.3

  • Column
  • Relaxation

血が精神状態にも影響を与える?経絡整体師が解説する東洋医学からみた“血” Vol.3

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.8】

  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.8】

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.7(最終回)

  • Food

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.7(最終回)

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる