あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

ジムの種類4選:ライフスタイルに合ったジャンルを見つけよう

ジムの種類4選:ライフスタイルに合ったジャンルを見つけよう

  • Exercise

ジムの種類4選:ライフスタイルに合ったジャンルを見つけよう

更新日:

| ジム | 種類 |

ジムの中にも種類があり、自治体が運営する市民スポーツセンターや大手企業が経営するもの、個人経営のものなどさまざまです。それぞれに特徴があるので、比較しながら選ぶと良いでしょう。

今回は、ジムの種類4つとジム以外でのトレーニング方法を紹介します。自分に合ったジャンルを見つけて満足のいく運動をするために、ぜひ参考にしてみてください。

ジムの種類4選

主なジムの種類を4つ紹介します。メリットとデメリットに注目して、自分の理想に合ったジムを見つけてください。

会員制の総合フィットネスジム

民間企業が経営している大規模ジムです。自社ビルの中に室内プール、トレーニングジム、スタジオなど複数の施設があり、それぞれの運動に応じた専門のインストラクターやトレーナーが指導をしています。

メリットは、同じ系列のジムが全国にあるので、会員になると全国の施設を利用できるということです。狭い地域に複数ある場合は、会社の近くと家の近くの両方を利用するなど、生活スタイルに合わせてジムを使い分けることもできるでしょう。

デメリットは、会員数が多いので人気のコースになると定員を超えてしまい、希望のコースを選択できないことがある点です。また、設備が充実して快適にトレーニングできますが、比較的会費が高く、1ヶ月1万円以上になることもあります。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジムは、利用者1人ひとりにプロの専属トレーナーがつき、トレーニングのサポートをしてくれるジムです。食事内容もパーソナルトレーナーがメニューを考え、管理してくれるので安心してトレーニングに臨めるでしょう。

メリットは、マンツーマンの指導で自分の目標やライフスタイル、体質などに合わせて特別なメニューを構成してくれる点。1人では難しいダイエットも、トレーナーのサポートがあれば安心して続けられます。

デメリットとしては、マンツーマン指導のため費用が高くなってしまうことが挙げられます。1ヶ月に10万円以上かかるジムも。

公営ジム

公営ジムとは、市民スポーツセンターや体育館などを指します。使用料を払えば誰でも利用でき、自治体によっては定期的に体操教室や水泳教室などを開いているところも。

1番のメリットは、費用の安さです。1回の使用料は300円〜600円くらいで、時間や曜日など自分の都合に応じて選択可能。体操教室や水泳教室なども、週1回約2,000円とリーズナブルな料金で設定されています。

デメリットは、トレーニングマシンなどが充実しておらず、施設も古いところが多いことです。また、低料金で利用できるので希望者が多く、抽選で選ばれなければ利用できない場合もあります。

個人経営ジム

個人経営のジムは自宅や公的施設を利用しているジムで、オーナー自身が指導している場合がほとんどです。ヨガやボディービルなどを専門的に指導しているジムが多くなっています。

メリットは、民間の大手ジムに比べると少人数でトレーナーとの距離が近く、相談がしやすいという点です。また、料金も1ヶ月3,000円〜4,000円と、大手ジムよりは安く利用できます。

デメリットは、施設の規模が小さい場合が多く、トレーニングマシンなどの設備に限りがあること。広々としたトレーニングルームでさまざまなマシンを使った本格的な筋トレがしたい、という人には物足りないかもしれません。

ジム以外でのトレーニング

ジムを利用しないでトレーニングする方法を紹介します。高いお金をかけず気軽にすぐ始められるので、ぜひ実践してみてください。

自宅でトレーニング

家の中で時間を見つけてトレーニングする方法です。トレーニングマシンやグッズ、レッスンビデオを利用してさまざまな運動をすることができます。

メリットは、自分のペースでトレーニングできるので続けやすく、早朝や深夜などいつでも気軽に行える点です。テレビを見ながら腹筋運動をしたりと、自分が楽に続けられる方法を選べるのも魅力。デメリットは、モチベーションを維持しにくい点、自己流のトレーニングは怪我に繋がる危険性がある点です。

屋外でトレーニング

ジョギングやハイキングなどアウトドアでの自主的なトレーニング法もあります。公園の鉄棒やうんていを利用すると本格的な筋トレができる場合もあるので、自分なりにトレーニングメニューを考えてみましょう。

最大のメリットは、費用がかからないことと、自分の生活スタイルに合わせて時間や曜日を気にせず行えることです。やりたいときにすぐできるのは、トレーニングを継続するためには重要なポイント。

デメリットとしては、自分でスケジュールを組んでメニューを考える必要があり、途中で挫折する可能性があることが挙げられます。今まで運動の経験がある人にはおすすめの方法です。

まとめ

今回は、ジムの種類とジム以外のトレーニング方法について紹介しました。運動の経験が少ない人は、トレーナーにしっかりと指導してもらえるジムの方がトレーニングを成功させやすいでしょう。自分なりに続けやすい方法を見つけて、無理なく理想の身体を手に入れてください。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ジム | 種類 |

関連記事

鍛えたい女性必見!強く、健康的な美ボディは、ブラジリアン柔術で手に入れよ!【東あずささんインタビュー後編】

  • Exercise
  • INTERVIEW
  • Special

呼吸で基礎代謝量をアップ!横隔膜の筋肉ストレッチ法

  • Exercise

呼吸で基礎代謝量をアップ!横隔膜の筋肉ストレッチ法

世界遺産の古都を巡る、京都マラソン2016大会レポート

  • Exercise

世界遺産の古都を巡る、京都マラソン2016大会レポート

自転車で使える活動量計は?おすすめリストバンド型製品5選

  • Exercise

自転車で使える活動量計は?おすすめリストバンド型製品5選

運動療法におすすめ!膝の痛みを解消するストレッチ5つ

  • Exercise

運動療法におすすめ!膝の痛みを解消するストレッチ5つ



新着記事

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 紫外線に対してもっと”意識高い系”に!

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

小暑(しょうしょ)/心とからだの疲れは日々のフェイシャルケアで

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

  • Beauty
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

  • Beauty
  • Food
  • 提携メディア

【特集/今やるべき紫外線対策】 とればいいわけじゃない、ビタミンCの真実

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.18

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ〜Vol.18

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる