あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

英語圏で猛威を振るう「インチキ・ダイエット」。本当に身体にいい食事法とは

英語圏で猛威を振るう「インチキ・ダイエット」。本当に身体にいい食事法とは

  • Beauty
  • Food

英語圏で猛威を振るう「インチキ・ダイエット」。本当に身体にいい食事法とは

更新日:

| ダイエットメニュー | 基礎代謝 | 生活習慣 |

水を大量に飲むデトックス、ジュースクレンズ、低糖質ダイエット、スーパーフード、グルテン抜き、アルカリ性ダイエット、水素水、パレオ、酵素、ローフード……次から次へと各種ダイエットが流行しては消えていくのはこちら英語圏でも同じです。

科学的に評価の安定していないダイエットが一過性のブームになるのは今に始まったことではありませんが、インスタグラムなどのSNSの効果で最近はブームが広まるスピードが加速、若い人の栄養失調など健康被害が目立つようになり、こういった「インチキ・ダイエット(Fad Diets)」に気をつけようという声も上がり始めています。

拒食症に陥る若者が急増

今とくにやり玉に挙がっているのが、「クリーン・イーティング」と呼ばれるダイエットの潮流。インスタグラムの#eatcleanタグは、4500万ポストにも達しています。

もともとの考え方は、ファーストフードや加工食品が氾濫している現代人の食生活を見直して、素材からきちんと調理されているものを食べよう、もっと野菜を、できればオーガニックの食材をというものでした。

でも、それがデトックス志向(※)や、本来かなり極端な減量法である低糖質ダイエットなどとあいまいに合流して、白砂糖や穀物は身体を冷やし肌をくすませる、肉は血液を酸性にする、乳製品には発がん性物質が…といった具合になってきています。(※デトックスというコンセプトも科学的には根拠がないとされています。)

写真:インターネット上に氾濫する、あなたの体調不良は○✕のせいかも?という情報に過敏になるのは禁物。Rawpixel / PIXTA

身体にいい食事をしたくてSNSなどで情報やレシピを集めているうちに、普通の食事をしていると身体が毒素で満たされてしまう、血液が酸性になってしまう、なかなか痩せられないのも、体調不良やセルライトも毒素がたまっているからだ、きれいなものだけを食べなければ!と信じ込んでしまい、拒食症に陥るティーンや二十代が増えているのです。

ブームの裏に、儲けている業界アリ

正しい食事をしなければという強迫観念からの拒食症や栄養失調に至る摂食障害には、「オーソレクシア」という名前もついていて、専門医も増えてきています。

「あれは食べてはダメ」「これも口にしないほうがいい」というダイエットが増えているのは、過激な物言いやシンプルなわかりやすさがキャッチーで注目され、レシピ本やアイテムが売れるというのが大きな理由でしょう。恐怖を植えつければ物を売るのが簡単になるからです。

元モデルなどのカリスマ女性やムキムキのイケメンがキッチンで微笑む本やブログの裏には、売上を勘定しているプロデューサーや編集者、食品業者がいるわけです。アメリカでは、アルカリ性ダイエットを提唱してきた有名な「ドクター」が、医師免許を持っていなかったことも話題になりました。

写真:できるだけ多様な食材を食べることが、腸内細菌のバラエティを増やし、健康につながると考えられています。Rawpixel / PIXTA

本当に身体にいい食事法とは?

とはいえ、健康や美しさのために食事を見直そうという基本的な方向は間違いなくいい方向です。玉石混交な情報が氾濫する中、どう見極めて実践していけばいいのでしょうか。以下6点にまとめてみました。

自宅で素材から調理する機会を増やす。

外食でもそれに近いものを食べる。加工食品は減らす。加工食品を選ぶときは原材料欄が短いものを。

できる範囲でオーガニック、低農薬の食材を選ぶ。

遠くから来る食材は保存のための農薬やエネルギーコストも増えるので少なめに。

穀物はなるべく精製度の低いものを。

殻や皮の残ったものは食物繊維やビタミンの摂取も増えて◎。穀物の外側には農薬などが残りやすいので、オーガニックがこの意味でも吉。

お肉は少なめに。

たまにいただくときは、成長ホルモンや抗生物質の残留が少ないと期待できるオーガニックやフリーレンジのものを。温暖化防止など環境にも◎。

バラエティのある食材を取り入れる。

スーパーフードなども過信しない範囲で楽しむ分にはまったく問題なし。食べる野菜や穀物の種類が多いほど腸内環境もよい状態になるといわれています。

白い炭水化物や砂糖は控えめに。

現代人が糖分をとりすぎているのは事実。GI値の低いメニューを心がけ、急激な血糖値の上下を避ける。甘いものは食べるなら食後に。

話題になるダイエット法には注意する。

とくに、特定の食材や食品グループを食べてはいけないと強く薦める食事法には要注意。

腹八分目を心がける。

日本の古くからの健康のための言い伝えが科学的にも正しいことがわかってきています。

どうでしょうか、どれも常識的なことかもしれません。けれど、アレルギーや既往症などがない人であれば、特定の食材をむやみに忌避するよりは、多くの食材をまんべんなく食べるほうが健康によいということは医師や科学者の間でもほぼ定説になってきています。

食事とそれに対する身体の反応は、太りやすさも含めて個人差が非常に大きいということもわかってきた昨今。誰かの言うことを鵜呑みにするのではなく、バランスよい食事をしていきたいですね!

文・写真:青木陽子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ダイエットメニュー | 基礎代謝 | 生活習慣 |

関連記事

根本的な肩こりのほぐし方 〜健康な人は美しい人 vol.7〜

  • Beauty
  • Column

根本的な肩こりのほぐし方 〜健康な人は美しい人 vol.7〜

今の自分が好き!ピラティスと薬膳の学びをきっかけに見つけた、新たな自分と夢【熊澤枝里子さんインタビュー後編】

  • Beauty
  • Special

音と脳の研究者&Dr.DJ宮崎敦子 「人の身体の中にあるリズムとは?」

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

音と脳の研究者&Dr.DJ宮崎敦子 「人の身体の中にあるリズムとは?」

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪が流行する冬。芳香浴で風邪予防&免疫力アップ!

  • Beauty
  • Relaxation

【美容家 吉川千明先生 × オムロン式美人】風邪が流行する冬 ...

フェイスラインが引き締まる!小顔エクササイズ

  • Beauty
  • Exercise

フェイスラインが引き締まる!小顔エクササイズ



新着記事

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.7】

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.7】

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.6】

  • Special

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.6】

意外と知らない!? ランニングでやってはいけない5つの注意点

  • Exercise

意外と知らない!? ランニングでやってはいけない5つの注意点

筋トレ前後におすすめのストレッチとは?体への負担を減らして効果を高めよう

  • Exercise

筋トレ前後におすすめのストレッチとは?体への負担を減らして効果を高めよう

筋肉の疲労を回復させる方法6選:筋肉痛もこれで克服!

  • Relaxation

筋肉の疲労を回復させる方法6選:筋肉痛もこれで克服!

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる