あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.2 〜脳が内省モードになることと音楽の関係〜

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.2 〜脳が内省モードになることと音楽の関係〜

  • INTERVIEW
  • Special

<SPECIAL>
Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.2 〜脳が内省モードになることと音楽の関係〜

更新日:

| パフォーマンス | 癒し | 音楽 |

脳科学者として「脳と音楽に関する研究」を続ける宮﨑敦子さん。前回は4回に渡って脳と音楽や音、あるいはリズムと身体の関係などについて、様々な観点から面白いお話をわかりやすくお聞きしました。脳科学の研究者でありながら、Dr.DJ ATSUKO名義でDJとしての活動も継続している宮﨑さんに、今回はカラダと脳にイイ音の話について、6回にわたってお伺いしていきます。第2回目は、古より人が音楽と共存してきた理由についてです。

宮﨑 敦子(みやざき・あつこ)
1970年福島県生まれ。大学院生時代から現在まで、大学院・大学・短大・専門学校でリハビリテーション分野の講師をしながらDJ活動をする。30代の時に、レコードを愛するあまりに渋谷区宇田川町にゆったり視聴できるレコード店 「COQDO RECORDS」をオープンする。40代で、研究者になりたいという夢が復活。東北大学大学院医学系研究科脳機能開発研究分野博士課程を修了し、2015年に医学博士号を取得。これを機にDJ ATSUKOからDr.DJ ATSUKOに改名する。現在は国立研究開発法人 理化学研究所で、脳と音楽の関係性について研究している。老後の夢は、研究結果を用いて、来店した客にピッタリなレコードを紹介できるレコード屋をオープンさせること。

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.1 〜聞く音楽の好き嫌いで脳活動は変わる!?〜より続く )

自分を見つめ直す内省モードとは!?

——前回、人は違う音楽を聞いていても、好きな音楽、嫌いな音楽で脳活動が変わる。好きな音楽を聞くと独特の脳活動になる。自分を見つめ直す“内省モード”になることがわかってきたとのことですが、内省モードとは脳がどのような状態になるのでしょうか?

下図のように、「ボーっとして下さい」と教示に従ってもらった時の脳活動は、複数の脳領域の脳活動が活発になり、それらの領域でネットワークが構成されるようになります。いわゆる「デフォルト・モード・ネットワーク」と呼ばれる状態です。脳活動が活発になっているのは、内側前頭前野、後帯状皮質、楔前部・下頭頂小葉と呼ばれる場所です。そして、この領域は、前回、お話したように、好きな音楽を聞いた時の脳活動と一致するのです。


このデフォルト・モード・ネットワークというのは、脳活動がデフォルトの状態になることです。つまり、脳が“何もしていない状態”。実験の時に、「ボーッとしてください」と教示するのですが、言っている言葉通り、まさにボーッとしてもらっている時の脳活動です。ボーッとしていると脳活動は低下しそうに思いますが、実はそうではありません。内省モードになると、脳活動が低下するのではなく、独特の脳活動に変わります。

この内省モードというのは、自分のことを省みる、つまり、自分のことをジックリ考えたり、自分らしさを壊さないでキープするといったメリットがあります。これは、人にとってとても重要な脳活動であると言っていいでしょう。

つまり、好きな音楽を聞くという行為は“自分らしさをキープする”ための、とても大事な脳活動をサポートしてくれていると言っていいと思います。太古の昔から人は音楽が好きなのですが、どんなに世の中が移ろっても、音楽は人に寄り添いながら共存してきました。なぜ、人はずっと音楽と共存してきたのでしょうか。その答えがひとつ、見つかったような気がしています。

脳が内省モードになることは人にとって必要なこと

——デフォルト・モード・ネットワークの状態になると、ボーッとしているのに逆に脳の消費エネルギーが多くなってしまい、余計な心配事なども考えてしまう。それがストレスになったり脳が疲れるので良くないといったお話も聞きますが、どうなのでしょうか?

最近、注目されているマインドフルネス瞑想などの考え方からすると、確かに悪い影響が指摘されています。脳がこの状態になると、「あの人にあんなこと言わなければよかったな」とか、「明日のプレゼンは上手にできるだろうか」などと時間軸を変えてネガティブなことを考えてしまいます。考えを反芻する後帯状皮質の脳活動が活発になるので、良くないことをグルグルと考えてしまいがちです。確かに、それがストレスとなって良くないとも言われています。

そういう意味では、デフォルト・モード・ネットワークの状態は良くないとされることもありますが、好きな音楽を聞くことで内省モードになり、自分のことを考えたり、自分を見つめ直すということは脳にとって悪いことばかりではありません。デフォルト・モード・ネットワークによって人が内省モードになることは、逆に必要なことであると言っていいのではないかと私は思っています。むしろ、自分の時間と好きな音楽が共存できるステキな時間かもしれないですよね。

音楽は思い出と繋がりやすい理由

——内省モードになることが必要というのは、どういうことでしょうか?

好きな音楽が思い出に繋がりやすいというのがありますよね。人それぞれに思い出の曲があって、その曲を聞くと当時のことを思い出すといった経験は誰にでもあるのではないでしょうか? 脳には海馬という記憶に深く関係する大事な部分がありますが、実は、好きな音楽を聞いていると海馬のネットワークがものすごく活性化します。だからこそ、思い出と好きな音楽は繋がりやすいわけです。

好きな音楽を聞いているときにデフォルト・モード・ネットワークが形成され、内省モードになる。さらに海馬とのネットワーク活動も活発になるので、思い出を作りやすくなる。そういった意味では、自分に集中したいとか自分のことを考える時間が持ちたい、あるいは思い出に浸りたいといったときに好きな音楽を聞くというのは、とてもいいことだと言えます。

人は本能的に好きな音楽を探し続けている

——なるほど。だとすると、自分を見つめ直したいときに聞くためのお気に入りの曲をいくつか決めておくというのもいいかもしれないですね。

そうかもしれませんね。自分が好きな曲を聞いても他人がその曲を好きでなかったならば、自分と他人が同じ脳活動になるわけではありません。あくまでも自分が好きな曲を聞くことで、その人の内省モードが作られていくのですから、自分が内省モードになるための音楽をいくつか見つけておくのはいいことだと思います。それが、自分を見つめ直すための時間をスムーズに作れるようになるということでもあり、とても貴重な時間になることでしょう。人はそんな時間を作るために好きな音楽を本能的に探し続けているのではないかとさえ、私は思っています。

——その話はちょっとロマンティックですね。

40万年前に骨で作られた笛など、いくつかの古い楽器が発見されています。これは、骨だったからたまたま残って発見されたのですが、骨よりももろい素材で作られた楽器ももっとたくさんあったと考えられます。40万年前の笛でさえ、その造りを見るとちゃんと作られていますから、打楽器のような原始的な楽器であれば、さらにもっと昔からあっただろうと推測できます。そう考えると、人間はずっと音楽と一緒なんですよね。

エジプト文明の壁画などを見てみると、人が笛を吹いたり弦楽器も弾いたり宗教儀礼などでもいろんな楽器を使っているところが描かれていたりもします。一方、日本では現代でも盆踊りで多くの人が集まったりします。そういったことを考えてみると、やはり太古の昔から人は音楽と共存し、仲良く暮らしてきたということの証になると思います。やはり、人はずっと音楽と仲良しなんですよね。

なぜ、人はずっと音楽と仲良しなのか。その理由を脳科学的に探っていくと、内省モードになれるデフォルト・モード・ネットワークに辿り着いた、というのはとても興味深い話だと思いませんか?

<参考文献>
Sala-Llonch, Roser, et al. “Brain connectivity during resting state and subsequent working memory task predicts behavioural performance.” cortex 48.9 (2012): 1187-1196.

撮影:宮下夏子
取材・文:國尾一樹

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.3 〜内省モードになるためにオススメする音楽の聴き方〜へ続く)

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| パフォーマンス | 癒し | 音楽 |

関連記事

『健康でなければ、番組でカルチャーがどうのこうのなんて言っていられない!』 宇多丸×宇垣美里 インタビュー Vol.2(後編)

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.1 〜聞く音楽の好き嫌いで脳活動は変わる!?〜

  • INTERVIEW
  • Special

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.1 〜聞く音楽の好 ...

部下からは呼び捨て!? リーダーの新たな定義【中竹竜二さんインタビュー後編】

  • Column
  • INTERVIEW

部下からは呼び捨て!? リーダーの新たな定義【中竹竜二さんイン ...

【番外編/学びと美を考える】人でつながり、伝えていく技術と伝統

  • Beauty
  • Food
  • Interview

【番外編/学びと美を考える】人でつながり、伝えていく技術と伝統

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん、笹原廣喜さんインタビュー(後編)

  • INTERVIEW
  • Special

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん ...



新着記事

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.1:胸・背中編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.1:胸・背中編~

ラグビーのおすすめトレーニング法4選:体力を養って怪我を防ごう

  • Exercise

ラグビーのおすすめトレーニング法4選:体力を養って怪我を防ごう

テニスのおすすめトレーニング法4選:ラリー力をアップさせよう

  • Exercise

テニスのおすすめトレーニング法4選:ラリー力をアップさせよう

ボクシングのトレーニング方法4選:パフォーマンスを向上させよう

  • Exercise

ボクシングのトレーニング方法4選:パフォーマンスを向上させよう

バレーボールのおすすめトレーニング法4選:ジャンプ力や瞬発力を鍛えよう

  • Exercise

バレーボールのおすすめトレーニング法4選:ジャンプ力や瞬発力を鍛えよう

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる