あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.1 〜聞く音楽の好き嫌いで脳活動は変わる!?〜

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.1 〜聞く音楽の好き嫌いで脳活動は変わる!?〜

  • INTERVIEW
  • Special

<SPECIAL>
Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.1 〜聞く音楽の好き嫌いで脳活動は変わる!?〜

更新日:

| パフォーマンス | 音楽 |

脳科学者として「脳と音楽に関する研究」を続ける宮﨑敦子さん。前回は4回に渡って脳と音楽や音、あるいはリズムと身体の関係などについて、様々な観点から面白いお話をわかりやすくお聞きしました。脳科学の研究者でありながら、Dr.DJ ATSUKO名義でDJとしての活動も継続している宮﨑さんに、今回はカラダと脳にイイ音の話について、6回にわたってお伺いしていきます。第1回目は、音楽の好き嫌いで人の脳活動は変わるというお話です。

宮﨑 敦子(みやざき・あつこ)
1970年福島県生まれ。大学院生時代から現在まで、大学院・大学・短大・専門学校でリハビリテーション分野の講師をしながらDJ活動をする。30代の時に、レコードを愛するあまりに渋谷区宇田川町にゆったり視聴できるレコード店 「COQDO RECORDS 」をオープンする。40代で、研究者になりたいという夢が復活。東北大学大学院医学系研究科脳機能開発研究分野博士課程を修了し、2015年に医学博士号を取得。これを機にDJ ATSUKOからDr.DJ ATSUKOに改名する。現在は国立研究開発法人 理化学研究所で、脳と音楽の関係性について研究している。老後の夢は、研究結果を用いて、来店した客にピッタリなレコードを紹介できるレコード屋をオープンさせること。

フロアの人をコントロールするより難しいこととは!?

——宮﨑さんは、研究者として音と脳の研究を進める傍ら、Dr.DJ ATSUKO名義でDJ活動も長年、続けていらっしゃいます。現在は研究が忙しいなか、土日など月に2回程度、DJ活動を続けていますが、宮﨑さんにとってDJの魅力とは何でしょうか?

私は研究とは別に大学で非常勤講師として、今年度は「肢体不自由者(児)の病理と生理」に関する講義をしています。今は脳科学に関する研究職が中心ですが、実はこちらのほうが専門だったんです。大学の講義は22年ほど続けています。毎回、シッカリと盛り上がりの仕込みも準備をして講義に臨んでいるのですが、なかなか学生たちが乗ってきてくれないんですよ。思うようにウケなくて、コケちゃってます(笑)。

どんなに頑張ってみても盛り上がって欲しいところでなかなか学生が反応してくれないので、どうしたもんかな、と……。しかし、これがDJだとカンタンなんですよね。DJするときは、仕込みどおりにフロアにいる人たちが、反応してくれる。そして、この曲をかけたらフロアの人たちはどういった反応をするのかということがだいたいわかっています。

例えば、この曲をかけるとみんなノリノリで踊ってくれるとか、この曲をかけるとみんながリラックスしてくれたり、クールダウンしてくれるとか。そして、ちょっとフロアから離れておしゃべりしたり、くつろいだり……。そういうのが、何となくわかるようになるんですよね。だから、DJをしながら音楽でクラブのフロアにいる人たちをコントロールすることは、思うほど難しいものではありません。

それに比べて、大学の講義は大変(笑)。なかなか90分の講義で学生たちの興味を惹くようにするのは至難の業です。音楽でもかけて講義できたら楽なんですけど、さすがにそれはできませんよね(笑)。

Dr.DJが語るDJの快感のツボ


——フロアにいる人たちを思いのままにコントロールするというか、意図する通りにノリノリになってもらったり、クールダウンしてもらったりといったことがうまくできるとDJとして喜びがマックスになるといった感じですか?

そうですね。自分が「絶対にココは盛り上げてやるぞ!」と、予めストーリーを作っておいて、様子を見ながら山場を狙ったところに持っていきます。1回のDJパフォーマンスのなかで流れの構成を創り上げているんです。毎回、適当に音楽をかけているのではなく、その場の雰囲気に合わせて自分がイメージするストーリーに沿って、「じゃあ、このへんでそろそろ……」みたいな感じで順番に準備していくわけです。

フロアの様子を見極めながら、ベストのタイミングを見計らって、狙っていた状況に持っていけるように音楽をかける。そして狙い通りにドッカーンと盛り上がると気持ちいいんですよね! まさに、そこがDJとしての“快感のツボ”だと言えますよね。この快感を味わってみたい人は、ぜひ、DJを目指すことをオススメしたいですね(笑)。

これまでDJとして経験したことや、脳と音に関する研究をしてきて思ったのは、人というのは思っている以上に聞く音楽や音の影響によって脳活動が変わり、行動や言動、感情が変化するということ。そんなことを知れば知るほど、ますます音楽や音と脳の関係についての研究を続けていきたいと思うようになりました。しかも世界中で脳と音の関係の研究をしている人は視覚の研究と比べると圧倒的に少ない。ならば、DJとしても活動する私がその研究をもっとやってみたいと思うようになりました。そんな私が面白いと思っている研究論文や私自身の研究について、この連載でお話していきたいと思います。

曲の好き嫌いで脳活動は変わる

——音楽と脳の関係に関する研究で最近、注目されていることはどんなことですか?

スゴく面白い論文があるので、ひとつご紹介します。タイトルにもあるように『ベートーベンからエミネムまで』様々な音楽を聴いた時の脳活動について2014年に発表された論文です。ベートーベンは誰でも知っていますよね。エミネムもヒップホップ好きな人なら知っていると思いますが、アルバムトータルセールスが1億枚を超えるという史上最高に売れた白人ラッパーであり、ヒップホップ・ミュージシャンです。

この論文研究では、ベートーベンからエミネムまで、色んな曲を聞いてもらい、その時の脳活動がどうなっているのかというのを調べた論文です。

——それは、ちょっとお話を聞いてみたくなる研究ですね。

そこで、まず、みなさんに見ていただきたいのは、下の画像です。


これは、fMRIによる、脳活動の画像です。fMRIというのは、脳のどの部分の活動が活発になっているか調べることのできる機器です。aの「Like」は好きな音楽を聞いている時の脳活動。そして、bの「Dislike」は嫌いな曲を聞いている時の脳活動です。そして、最後のcの「Favorite」は、ものすごく好きな曲で、人にもオススメしたい曲を聞いている時の脳活動です。

そこでまず、それぞれの上段の画像の赤く囲った部分に注目してください。人を右側から見た断面図(矢状面)で、画像の右側が顔の部分です(中段と下段の図は横から輪切りにした断面図(水平面/いずれも上が顔部分)。そして、「Like」と「Favorit」の赤く囲った部分が前頭葉になります。LikeとFavoriteでは青くなって賦活(活性化)しています。一方、「Dislike」では、前頭葉の部分がまったく反応していないことがわかります。

ベートーベンが好きな人がベートーベンの曲を、エミネムが好きな人がエミネムの曲を聞いていると、聞いている音楽が違っていてもLikeやFavoriteの脳活動になり、逆に嫌いな曲を聴いている時は、音楽に関係なくDislikeの脳活動になるということがこの研究によってわかったのです。

音楽体験で曲の好みは変わる!?

——人が音楽を聞いている時、どんな曲であろうと、その曲が好きか嫌いかで人の脳活動が変わるということでしょうか?

そういうことですね。聞いている曲が何であろうと、その人が聞いている音楽が好きか嫌いかで脳活動が変わる。しかも、誰でも好きな曲を聞いているときと、嫌いな曲を聞いているときに同じような脳活動の反応が出るということなんです。

やはり人間の脳って不思議


しかし、fMRIで脳活動を見ると、どこの部分で脳活動が起こっているのかが見えます。そして、好きな音楽を聞いたときに賦活(活性化)している脳領域というのは、自分を見つめ直すときに使われる部分で、脳が内省モードになっていることがわかりました。

この話については、次回、詳しくお話したいと思いますが、掘り下げてみたら面白い結果が出るのではないかということで、私もさらに研究を進めてみようと思っています。人はまったく違う音楽を聞いていても、好きか嫌いかで脳の活動が異なり、そのパターンは誰でも同じだというのは、とても興味深いことだと思いませんか?

音楽の好き嫌いというのは、音楽体験で変わることがよくあります。皆さんも経験があるのではないでしょうか? 最近、世界的なロックバンド「QUEEN」のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を映画化した『ボヘミアン・ラプソディ』が話題になっていますよね。実は私、QUEENは暑苦しいのでそんなに好きではなかったのですが、映画を観てから変わりました。今では、腕を振り上げながらQUEENを数え切れないくらい聞いています(笑)。

つまり、先日まで私の脳内はQUEENの曲を聴くとDislikeの脳活動だったのに、今ではLikeあるいはFavoriteの脳活動になったということですよね。音楽体験で音楽の好みがいともカンタンに変わってしまい、同じ曲なのに違う脳活動になる。単なる雑音でしかなかった音楽なのに、今では自分を見つめ直す内省モードになるための音楽になったわけです。そのことに気づいたとき、人間の脳って不思議だなあと、改めて思いました。

<参考資料>
Wilkins, Robin W., et al. “Network science and the effects of music preference on functional brain connectivity: from Beethoven to Eminem.” Scientific reports 4 (2014): 6130.

撮影:宮下夏子
取材・文:國尾一樹

Dr.DJ ATSUKO「カラダと脳にイイ音の話」Vol.2 〜脳が内省モードになることと音楽の関係〜へ続く)

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| パフォーマンス | 音楽 |

関連記事

運動?食事?漢方?先生、その美しさと健康の秘訣はどこにあるのですか?【井手口直子先生インタビュー前編】

  • INTERVIEW

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん、笹原廣喜さんインタビュー(後編)

  • INTERVIEW
  • Special

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん ...

森でも山でもない。「滝」に魅せられた理由とは?【滝ガール・坂崎絢子さんインタビュー前編】

  • Interview
  • Relaxation

森でも山でもない。「滝」に魅せられた理由とは?【滝ガール・ ...

ラクロスに没頭した大学時代。4年間のさまざまな経験が、今の私の礎に。【村松圭子さんインタビュー前編】

  • INTERVIEW
  • Special

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん、笹原廣喜さんインタビュー(前編)

  • INTERVIEW
  • Special

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん ...



新着記事

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.11:股関節編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.11:股関節編~

まだまだお茶は美味しくなる。伝統の継承と創造【佐々木健さんインタビュー後編】

  • Special

まだまだお茶は美味しくなる。伝統の継承と創造【佐々木健さんインタビュー後編】

温泉と神社参拝のセットで温活をしながら、運気も上げよう!

  • Column
  • Relaxation

温泉と神社参拝のセットで温活をしながら、運気も上げよう!

まだまだお茶は美味しくなる。伝統の継承と創造【佐々木健さんインタビュー前編】

  • Special

まだまだお茶は美味しくなる。伝統の継承と創造【佐々木健さんインタビュー前編】

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.12】

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.12】

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる