あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

歯磨きは食後?回数は?虫歯・歯周病予防の効果を上げる口腔ケア【歯科医監修】

歯磨きは食後?回数は?虫歯・歯周病予防の効果を上げる口腔ケア【歯科医監修】

  • Column

<COLUMN>
歯磨きは食後?回数は?虫歯・歯周病予防の効果を上げる口腔ケア【歯科医監修】

更新日:

| オーラルケア | デンタルケア特集 | 歯周病 |

生涯に渡り、自分自身の歯で、おいしいものを楽しく元気に食べ続けたいものですよね。

虫歯や歯周病のリスクを聞くと、ますますその思いが高まります。また、虫歯や歯周病になると、歯という小さなものではあるものの、仕事や生活に著しく悪影響が及んでしまいます。支障をきたさないためにも、歯の管理は各人、適切に行っておく必要があるでしょう。

このような中、歯の自宅ケアで気になるのが、歯磨きをするタイミングや回数、どれくらい時間をかければいいのかということ。早速みていきましょう。

歯磨きを行うベストなタイミングとは?

歯磨きは「食後」と「寝る前」に欠かさず行う


虫歯や歯周病を確実に予防するためには、歯磨きはいつするのがいいのか。結論からいえば、食後は必ず実施すること。そして食後何分後に行えばいいのかは、特に決まっていません。とはいっても、できればすぐに行うのが理想です。

そしてもう1回、確実にやるべきなのは、寝る前です。人は眠っている間は、唾液の分泌が減ります。唾液は虫歯菌が作り出す酸を中和するはたらきがあるため、分泌されればされるだけ虫歯予防になるのです。

しかし、眠っている間は唾液量が減るので、寝る前に少しでも虫歯菌の餌となる糖分を今一度除去したり、虫歯菌が棲んでいるプラークを歯の表面からすっかり落としたりすることが重要です。眠っている間に虫歯菌が悪さをするのを防止しましょう。

つまり、歯磨きを行うベストなタイミングは、一日3回の食後と、寝る前の1回。もし間食やおやつをとるのであれば、食べ終わった後ももちろん行いましょう。

なぜ食後に歯磨きをする必要があるの?


朝食後や昼食後など、日中は忙しいと、食後に歯磨きをする時間が取れないこともありますよね。そんなとき、「まあ、1回くらいならいいか」と放置してしまいがち。もっと食後歯磨きの重要性を知っておいたほうがいいでしょう。

歯磨きを食後にするといいといわれるのは、虫歯菌が、食べたものの糖やたんぱく質などを餌にして、歯を溶かすための酸を作り出し、歯を溶かすのを防ぐためです。この歯の表面のカルシウムやリンが溶け出してしまうのを「脱灰(だっかい)」と呼びます。できるだけ早く歯磨きをすれば脱灰のリスクを減らすことができます。

「緩衝作用」のある歯磨き粉を使う場合は食後早めに

特に、食後はなるべく早めに歯磨きを開始したいのが「緩衝作用」のある歯磨き粉を使う場合です。緩衝作用とは、食後酸性に傾いている口の中を、中性に戻す作用のこと。より虫歯リスクが少なくなる歯磨き粉です。

例えば、ミネラル入りの歯磨き粉などで、緩衝作用が高い、「再石灰化」という脱灰した歯を再生する働きも促すものがあります。

このような歯磨き粉を使用することで、虫歯リスクを極力減らすことができるでしょう。この歯磨きを使う場合、できるだけ早く歯磨きを開始して、口の中を中性に戻しましょう。

何分間、歯磨きすればいい?


では、歯磨きをするタイミングが分かったところ、今度は、何分間くらい歯磨きをすればいいのかをみていきましょう。

どんな道具を選ぶかにもよりますが、結論を言うと、1回につき「15分程度」が理想です。きっと、5分も歯磨きしていないという人のほうが多いのではないでしょうか。しかし、歯科医師の中には、15分くらい時間をかけて歯磨きを実施している人もいるようです。時間をかけないと、プラークを落としきれない場合もあります。

ただし、歯磨き時間は目安でしかありません。たとえ15分磨いても、適当にだらだら磨いたり、同じ歯ばかりを磨いたりしていては、プラークがきちんと除去できません。

口の中を上下左右、4つのエリアに分けて、それぞれのエリアにつき3分など、時間配分を決めて磨いていくとやりやすいです。順番に、前歯、奥歯、裏側と、磨いていきましょう。こうすると、磨き残しが防げますし、15分もあっというまに過ぎてしまいます。

もし15分も時間をかけらないという人は、5分を目標に磨いてみましょう。すべての歯を丁寧に均等に磨くのを心がけましょう。

プラーク(バイオフィルム)について知っておこう

歯磨きを徹底するために知っておきたいのがプラーク(バイオフィルム)のことです。歯磨きを食後すぐにやるべき理由は、具体的に言えばこのプラーク(バイオフィルム)をつくらないようにするためです。歯磨きに注力するために、これについて知っておくことが重要です。早速みていきましょう。

プラーク(バイオフィルム)とは何か

プラークは、一般的には「歯垢」と呼ばれますが、近年、「バイオフィルム」とも呼ばれるようになりました。これらはすべて同じものです。虫歯菌や歯周病菌などの微生物が、1mgの中に、数億個以上集まった固まりです。

ねばねばしていて、色は黄色っぽい白色をしています。よって歯にこびりつくと、透き通っていた歯が白く見えることがあります。食べかすに含まれる栄養素を餌に、細菌が増殖し、このプラークがつくられ、歯にこびりついてしまいます。

プラーク(バイオフィルム)をつくらないためには?

このプラークを放っておくと、どんどん分厚くなり、硬くなって歯石となります。

こうなるともう歯ブラシでは取れなくなります。歯石は虫歯菌や歯周病菌の死骸であり、さらにプラークがその上につくと、どんどん大きくなってしまいます。これによって歯茎がさらに炎症し、歯周病菌が悪化します。

歯石化すれば歯ブラシでは除去できないため、歯科医院にて専用器具でとってもらうほかなくなります。歯周病を伴えば、当然費用もかさみます。歯石化して無駄な治療費と治療時間をかけないためにも、日頃のケアを徹底しましょう。

虫歯と歯周病を防ぐために気をつけたい歯磨きのやり方


食後と寝る前の歯磨きは欠かせませんが、実際の歯磨きでは、次のことに気をつけて行うのをおすすめします。

歯磨きの目的はプラークを取ること

歯磨きはただ、食べかすを取るために行うのではありません。食べかすだけなら、うがいだけでもいいはずです。わざわざブラッシングするのは、プラークをとるためです。

もしくは、プラークができないように予防するためです。毎回、この目的をしっかりと意識して磨くことで、虫歯や歯周病予防をすることができます。

歯の表面だけでなく歯と歯茎のすき間も磨く

プラークは、歯の表面だけでなく、歯と歯茎のすき間、歯と歯の間にも入り込みます。歯の側面や表面に対して、歯ブラシを斜め45度に当てて、左右に小刻みに動かして、一本一本丁寧に磨いていきます。プラークを取り残さないようにしましょう。

デンタルフロスも必ず使う


歯と歯茎、歯と歯のすき間は、歯ブラシだけでは取り切れないものです。歯ブラシが終わった後は、デンタルフロスを用いてすき間ケアを行うのを習慣づけると、より虫歯や歯周病を徹底ケアできます。

電動歯ブラシを使うときは歯ブラシと併用する

普段、電動歯ブラシで磨いている人は、歯ブラシと併用するようにしてみてください。電動歯ブラシはプラークを取りやすいといわれますが、細かいすき間や奥歯や歯周ポケットに届きにくいこともあります。磨き残しを避けるために、短時間でも歯ブラシやフロスを使いましょう。
オムロンの電動歯ブラシの中には、より磨きやすいコンパクトなブラシや、歯間ブラシのような細いブラシが使える機種もあります。これらのものを使ってみるのもいいでしょう。

まとめ:口腔ケアのタイミング

口腔ケアのタイミングは食事・間食のたびに1回ずつできるだけ早く行うことと、寝る前に1回行うのが理想です。

時間は5分~15分かけて、丁寧にプラークを取り去ることを意識しながら行いましょう。虫歯や歯周病とは無縁のきれいで元気な歯を保つことができますよ。

文:リズム編集部
監修:高島美祐 (神谷町デンタルクリニック)

miyu_takashima_profile_270-180

高島 美祐(たかしま・みゆう)
早く確実に治したい方や、何度も再発してなかなか治らなかった方のために、マイクロスコープとCADを使った短期集中治療に特化した歯科医院「神谷町デンタルクリニック」を東京都港区虎ノ門にて開院。歯の病気が早産や生活習慣病、認知症につながることや、かみ合わせの不良により顔のバランスが乱れてしまうことなどを啓蒙している。超高齢化社会において、自分の歯をできるだけ長く残すための治療を実践しており、国内外からの来院がある。

関連特集:
Rhythm内の「歯周病」に関する、記事はこちらから

関連特集:
Rhythm内の「オーラルケア」に関する、記事はこちらから

関連特集:
Rhythm内の「電動歯ブラシ」に関する、記事はこちらから

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| オーラルケア | デンタルケア特集 | 歯周病 |

関連記事

歯科衛生士がアドバイス!あなたに合った電動歯ブラシの選び方

  • Column

歯科衛生士がアドバイス!あなたに合った電動歯ブラシの選び方

200例の冷蔵庫を分析して編み出した”やせる冷蔵庫”。 運動なしでやせられる、すごいダイエット法!! 村山彩さんインタビュー前編

日常の料理が華やぐためには器にこだわること

  • Column
  • Relaxation

日常の料理が華やぐためには器にこだわること

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(後編)

  • Column
  • Relaxation

南の島国が親日の理由とは?トンガの取材レポ(後編)

できる人は時間管理もしっかりしている!「時間がない!」は言い訳に過ぎない

  • Column
  • Exercise

できる人は時間管理もしっかりしている!「時間がない!」は言 ...

新着記事

冷え性解消に!睡眠時の靴下、オススメ素材と履き方は

  • Relaxation

冷え性解消に!睡眠時の靴下、オススメ素材と履き方は

首・手首・足首!3つの首を温める温活グッズ7選

  • Beauty

首・手首・足首!3つの首を温める温活グッズ7選

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.6 〜雑草として育った、野人・岡野の原点〜



  • Column

【W杯初出場ゴールを決めた伝説の男】野人・岡野雅行 Vol.6 〜雑草として育った、野人・岡野の原点〜



心理的ストレスによるネガティブな感情を取り除くためには

  • Relaxation

心理的ストレスによるネガティブな感情を取り除くためには

夏なのに冷えていませんか?お尻作りが冷え改善につながる訳

  • Beauty
  • Exercise

夏なのに冷えていませんか?お尻作りが冷え改善につながる訳

おすすめの記事

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる