スノーボーダー・荒井DAZE善正「意識を変える。発信し続ける。」(1/4) | Rhythm (リズム)

あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

スノーボーダー・荒井DAZE善正「意識を変える。発信し続ける。」(1/4)

スノーボーダー・荒井DAZE善正「意識を変える。発信し続ける。」(1/4)

  • Exercise

スノーボーダー・荒井DAZE善正「意識を変える。発信し続ける。」(1/4)

更新日:

| スノーボード | パフォーマンス | ライフハック |

プロスノーボーダーとして活躍していた荒井daze善正さんは、2006年に慢性活動性EBウイルス感染症という難病を発症します。100万人に1人という難病をどうやって克服し、プロスノーボーダーとして復活したのか。

いまは荒井daze善正さんのライフワークだと語る「代々木公園に雪を降らせる」骨髄バンクxスノーボードイベントSNOW BANKへとつながる、荒井さんの生き方を 4回にわけて連載でお伝えします。

スノーボードにはまって、会社を退職

ー今日はよろしくお願いします。それでは、まずスノーボードとの出会いから聞かせてください。

ぼくは高校を卒業して就職したんですけど、まったく仕事に面白味を見い出せなかったんです。その頃にスノーボードにはまりました。会社にはない、生きている充実感があったんです。そうして気づいたらプロスノーボーダーになりたいという憧れというか、夢を思い描くようになっていました。

ープロスノーボーダーになりたいと思って、すぐに会社をやめたんですか?

そうですね。19歳の2月に会社を退職して、集中的に練習するために雪山に籠もることにしました。ワゴン車を購入して、石油ストーブ積んで、絨毯ひいて、箪笥つけて、布団しいたんです。

ー車で石油ストーブですか?一酸化炭素中毒とか大丈夫ですか?

危ないかなと思ったから、船橋で1回実験しました。生きていたんで、大丈夫だなと(笑)。上越国際スキー場駅の下の階段横に車を停めて、ひたすら滑っていました。車上生活者からスタートですね。シーズンが終わったら、今度は晴海埠頭に車を停めて、朝から晩まで現場で働きました。

そうやって稼いだお金を貯めて、夏はニュージーランドに行きました。そこでバンクーバー五輪で有名な國母和宏君に出会って、北海道に誘われたんです。晴海でお金を稼いで北海道やスイスで滑る。ずっとそんな生活をして、23歳くらいでしょうか。今の妻に出会いました。

意識が変われば1日で人は変われる

ーどうやって出会ったんですか?

スノーボードつながりなんですよ。それがぼくより全然滑るのうまくて(笑)。

1620862_656452274401576_235058853_n

ー奥さんもプロだったんですか?

いえ。彼女は会社員だったんですが、プロのぼくよりうまくて(笑)。何でかっていうと意識が違うんです。彼女は週末しかないから絶対に滑る。ぼくとか、籠もってる仲間たちは毎日滑れるから、ちょっと雨降ったりしたら、滑らない。

結局ぼくはプロスノーボーダーを目指すことに満足しちゃっていたんですね。それで目が覚めました。意識が変われば1日で人は変われるっていうことを彼女から学びました。

DSC_0181

11001845_850412905005511_9167703230067064600_n

発信しないと他人には伝わらない

ーそこからすぐに結果が出たんですか?

そうですね。出会って1年後には大会で優勝して、スポンサーもつくようになりました。そこにも実は工夫があるんです。先輩を見ていると、うまくてもスポンサーがついてない人がいる。その原因を考えると、本人が発信してないんです。でも内心、誰かに声かけて欲しいと思って待っている。これじゃうまくいかない。

だからぼくは発信しようって決めました。それまでは人見知りする方だったんですけど、意識を変えて、ことばにするようにしたんです。それでチャンスをつかんで、24歳くらいでスポンサーがつくようになりました。

11012589_893858187327649_2711968115281433740_n

もっと大きな病気が隠れている

ーここまでお話を聞いてると順調ですね。そこから発病までは長いんですか?

体調不良が表れ始めたのが26歳のときです。夜、37度後半くらいの熱が出て、朝にはケロッと治ってる。それが2、3週間つづきました。そのうち倦怠感が出るようになって。それがどんどん悪化して、手が震えるようになりました。あとは足の麻痺とか。

おかしいなと思って病院にもいったんですけど、疲労だと言われました。首のリンパもすごい腫れたんですが、扁桃炎との診断でした。だから、誤魔化し誤魔化し、滑っちゃう。

そうしたらある日、27歳の10月かな、実家で倒れました。アメリカにいく2、3日前だったんですけど、気づいたら救急病院で、記憶も飛んじゃってました。

脳髄膜炎と診断されたんですが、脳髄膜炎の背後には大きな病気が隠れている可能性があると。それで紹介された大きな病院に検査入院することになりました。

11112218_874197799293688_3181088215379093971_n

奥さんとの出会いもあり、意識を変えて練習すること、プロになりたいと自分から発信することで夢を形にした荒井さん。次回はプロスノーボーダーとして大事な時期に荒井さんを襲った病いと、荒井さんがどう向き合ったのか、お話を伺います。

取材・文:福田浩久
写真提供:荒井daze善正・リズム編集部

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

骨ストレッチ<おなか>蛇腹ストレッチ

  • Beauty
  • Exercise
  • 提携メディア

骨ストレッチ<おなか>蛇腹ストレッチ

理学療法士おすすめ、5cmウエストが細くなる呼吸ストレッチ

  • Exercise

理学療法士おすすめ、5cmウエストが細くなる呼吸ストレッチ

花粉症予防に効く!片鼻呼吸法のすすめ

  • Exercise
  • Relaxation

花粉症予防に効く!片鼻呼吸法のすすめ

インナーマッスルを強化して腰痛を改善する方法4選:呼吸を意識しよう!

  • Exercise

インナーマッスルを強化して腰痛を改善する方法4選:呼吸を意 ...

活動量計を徹底比較!おすすめ製品5選

  • Exercise

活動量計を徹底比較!おすすめ製品5選



新着記事

なぜ”寝る子は育つ”のか?知られざる、成長ホルモンと睡眠の関係。

  • Beauty

なぜ”寝る子は育つ”のか?知られざる、成長ホルモンと睡眠の関係。

エアロビクスのメリット3選:効果をアップさせるコツも紹介

  • Exercise

エアロビクスのメリット3選:効果をアップさせるコツも紹介

食物アレルギー日記 vol.32 アナフィラキシーショック症状発生時の血圧の低下

  • Column
  • Relaxation

食物アレルギー日記 vol.32 アナフィラキシーショック症状発生時の血圧の低下

良質な眠りに誘う“パジャマヨガ”。本当に寝落ちしてしまいそうな気持ち良さ!【後編】

  • Column
  • Relaxation

良質な眠りに誘う“パジャマヨガ”。本当に寝落ちしてしまいそうな気持ち良さ!【後編】

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【前編】

  • Column
  • Relaxation

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【前編】

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる