あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

マインドフルネスな生活リズムの整え方 Vol.1(後編)〜コミュニケーションが変わるとストレスが減る〜

マインドフルネスな生活リズムの整え方 Vol.1(後編)〜コミュニケーションが変わるとストレスが減る〜

  • Column

<COLUMN>
マインドフルネスな生活リズムの整え方 Vol.1(後編)〜コミュニケーションが変わるとストレスが減る〜

更新日:

| エクササイズ | コミュニケーション | ストレス解消 |

マインドフルネス瞑想のエキスパートでRhythmアンバサダーでもある長谷川洋介さん。

前回は、ビジネスパーソンに役立つマインドフルネス瞑想に関する連載『ビジネスパーソンのためのマインドフルネス瞑想』を4回にわたって紹介してきました。今回は、老若男女を問わず、すべての人がマインドフルネスを普段の生活に取り入れながら生活に根ざしたものにすることにより、生活リズムを整えていくための方法を5回にわたって紹介します。

第1回目は、人とのコミュニケーションにおけるクセを見直すことでストレスを減らすためのアドバイスをお伺いします。

マインドフルネスな生活リズムの整え方 Vol.1(前編)〜コミュニケーションが変わるとストレスが減る〜より続く)

自動操縦的な生活の弊害

前編で、普段の自分のコミュニケーションのクセを知るためのプッシング・エクササイズのお話をしました。なぜこのようなエクササイズが必要なのかと言えば、自分のクセに気づかないで“自動操縦状態”で人と接している人があまりにも多いからです。しかし、自分のクセに気づくようになると、自分を切り替えたり、新しく仕切り直すようなリセットなど、自分なりの工夫ができるようになります。新しい視点を持ついいキッカケになるということです。

合気道的な感覚で、相手のスペースとか間合いに入り込んで、うまくユーモアでかわすといったことは、人によっては大きなチャレンジでしょう。最初はうまくいかないことも多いかもしれませんが、こういったことも選択肢としてあるんだということを知り、イメージを膨らませていくことが、本当の意味での自分の成長に繋がっていくのです。

いつまでも自動操縦状態のままで人と接していては、いいことはありません。なぜなら、自分の枠組みのなかでの生活になり、決められた習慣だけで過ごすようになってしまいます。それを続けているうちに、小さな枠組みのなかだけ、あるいは自分の小さな世界だけがすべてといった感覚になってしまう。自分の頭のなかの小さな世界だけですべてが完結してしまう状態になりがちです。


本当はもっと可能性に満ちているのに、そこに気づかないで生活していては新たにチャレンジする気力も生まれません。しかし、自分のクセに気づいて改善しようとチャレンジし続けることで、狭い世界から一歩飛び出して新しい自分や人、世界との出会いが生まれます。

また、私たちは、コミュニケーションを思っている以上にないがしろにしています。メールを送ったらそれでおしまいといった感覚で、「あとは読んでくれればいい」とか。それで返事が来ないとなると、勝手にイライラしてしまったり。そういったこともストレスに繋がります。

さらに、相手の話をよく聞かないでいることも多いのではないでしょうか? やはり、コミュニケーションの基本である、シッカリと伝えること、シッカリと聞いてメッセージを受け取るという姿勢を見直してみることも必要でしょう。

やはり、コミュニケーションは相手にシッカリ伝わるということが大事。そして、シッカリと聞く。その上で相互に理解しあうことが基本です。スピーディーにことを進めようとコミュニケーションの基本をないがしろにしてしまうと、後に言った、言わないといったことでトラブルになり、それがストレスになってしまうのです。そういったストレスを少しでも減らすために、ぜひ、自分のコミュニケーションの普段の姿勢を見直してみましょう。

自分のコミュニケーションパターンをイメージする

普段のコミュニケーションの姿勢を見直すためには、自分のクセがどのようなものなのかを知る必要がありますが、人のコミュニケーションのパターンは、だいたいの典型的なものと言われるパターンのどれかに当てはまります。そのパターンの象徴的な行動を模擬的に実践して体験してみることで自分のクセを知るのが、プッシング・エクササイズです。自分は、あのシーンではこのパターンで対処するクセがあるなとか、イメージを膨らませながら、動画を見ていただければと思います。

動画出典:プッシングエクササイズ動画 – 東京マインドフルネスセンター

以上がプッシング・エクササイズです。1回目は「えい!」とかかってこられたら、私も腕を出して「えい!」と返す。攻撃を攻撃で返すパターンです。次のパターンは、「えい!」とかかってこられたら、そこで逃げちゃう。回避するというものです。その次は攻撃されたら「ああ、やめて!」と即座に降参するパターンです。これはあらゆるハラスメントなど、パワフルな人に攻撃されたときに降参してお腹を出して負けるというパターン。さらに、「やめてください!」と言うシチュエーションは巻き込まれパターンです。何もせずにただ巻き込まれてしまうといったものです。

以上のパターンはどれもストレスが溜まりやすい対処法ですが、最もストレスを回避することができるのは、最後の合気道の手法を使ったパターンです。攻撃しようと手を出されたら、私も手を出す。しかし、攻撃を攻撃で返すのではなく、かわすようにして手を組み、相手の間合いにうまく入り込んで、ニコニコ笑うのです。

もちろん、これはコミュニケーションパターンのイメージを象徴する動きをしているもので、実際の身体の動きではありませんが、相手の間合いに入ってうまくコミュニケーションを取って対応するパターンです。最初は怖いかもしれませんが、間合いにシッカリ入り、相手の力をうまく利用しながら上手にコミュニケーションを取るといったものです。

以上が、人とコミュニケーションを取るときに、どう対処しようとするのか、そのクセの代表的なパターンです。この動画を見ながら、いつも自分はどう対処しようとしているのかということを見つめ直し、気づいていただきたいと思います。

普段の自分のクセに気づき、自分なりの“間合い”を見つけよう

自分にはこういうクセがあるなと気づくことで、「ああ、こういうふうに返すことが多いなあ」とか、「こういう時にはこういうふうに逃げようとしているなあ」など、気づいてみてください。そして、違う対処法をイメージしておくようにしましょう。そこで、また同じ反応をしてしまいそうになった時に、イメージしておいた違う方法を選択することで、相手との関係性を切り替えることができるようになっていくでしょう。最初からうまくいかないかもしれませんが、まずは、自分なりの選択肢を増やしていくことが大切なのです。

この動画を見ることで、自分の思考や感情、行動、態度といったものがどういうパターンになっていて、どういう反応をして動いているのかということに気づく。そして、違うパターンをイメージしながら模索してみるようにしてください。そのことによって、日常生活のなかでの自分の悪いクセから抜け出して、よりベターなコミュニケーションのための行動が選択できるようになるはずです。

なかでも人とのコミュニーションにおいて最適な対処法は、最後に紹介した合気道の手法を使ったパターン。自分と相手の間合いを見極めて、うまく入っていってどういった情報を発信し、刺激を与えるか。それによって相手との関係性は大きく変わっていくものです。そのために間合いのバランスをうまく調整しながら相手の懐に入り込み、いつものままの状態の自分でいられるように気持ちを切り替えていく。「いつものままの自分でいいじゃん」と思える感覚を自分のなかで作っていくことが大事なのです。


動画を何度か観ていただきながら、自分だったらどうするのかなどといったイメージを膨らませてみることで、自分なりの間合いを見つけるキッカケにしていただきたいと思います。

マインドフルネス的な生活リズムの整え方 Vol.2(前編)〜食べる瞑想で食生活リズムを整える〜へ続く)

取材・文:國尾一樹
撮影:たつろう
撮影協力:東京マインドフルネスセンター

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

この夏の思い出に! 近場で楽しむステキ体験 3選

  • Column

この夏の思い出に! 近場で楽しむステキ体験 3選

食物アレルギー日記 vol.28 アレルギーっ子の定期健診

  • Column
  • Food

食物アレルギー日記 vol.28 アレルギーっ子の定期健診

砂漠と雪が一度に楽しめる山頂で絶景ランチを楽しむ

  • Column
  • Relaxation

砂漠と雪が一度に楽しめる山頂で絶景ランチを楽しむ

歯周病の基礎知識!歯周ポケットと歯石の関係は?【歯科医監修】

  • Column

歯周病の基礎知識!歯周ポケットと歯石の関係は?【歯科医監修】

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「不安やプレッシャーに対処するスキル」

  • Column

元ラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織「不安やプレッシ ...



新着記事

空手のトレーニング方法とは?上達のためには、体力や集中力がカギ

  • Exercise

空手のトレーニング方法とは?上達のためには、体力や集中力がカギ

弓道のトレーニングとは?イメトレなら場所を問わずにできる!

  • Exercise

弓道のトレーニングとは?イメトレなら場所を問わずにできる!

スタミナを向上させるためのトレーニングとは?持久力をつけてパフォーマンス向上!

  • Exercise

スタミナを向上させるためのトレーニングとは?持久力をつけてパフォーマンス向上!

パルクールのトレーニング法とは?怪我を防ぐために全身の柔軟性を身につけよう

  • Exercise

パルクールのトレーニング法とは?怪我を防ぐために全身の柔軟性を身につけよう

立夏(りっか)/紫外線対策と自律神経の調整を

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

立夏(りっか)/紫外線対策と自律神経の調整を

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる