あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

『ビジネスパーソンのためのマインドフルネス瞑想』Vol.3 〜ストレスのメカニズムとマインドフルネス瞑想の本質〜

『ビジネスパーソンのためのマインドフルネス瞑想』Vol.3 〜ストレスのメカニズムとマインドフルネス瞑想の本質〜

  • Column

<COLUMN>
『ビジネスパーソンのためのマインドフルネス瞑想』Vol.3 〜ストレスのメカニズムとマインドフルネス瞑想の本質〜

更新日:

| ストレス解消 | パフォーマンス |

心と身体を休息させる方法として注目されるマインドフルネス瞑想。ストレスフルな毎日を過ごす現代のビジネスパーソンに向けた研修が海外だけでなく、日本の多くの企業でも取り入れられるようになっているという。

そんなマインドフルネス瞑想とは何なのか。そして、多くのビジネスパーソンに受け入れられている理由は何なのか。Rhythmアンバサダーでもあり、マインドフルネス瞑想のエキスパートでもある東京マインドフルネスセンター長・長谷川洋介さんが、ビジネスパーソンに役立つマインドフルネス瞑想について4回にわたって紹介します。

『ビジネスパーソンのためのマインドフルネス瞑想』Vol.2 〜ストレスフルなビジネスパーソンに必要なこと〜より続く)

ストレスのメカニズム

マインドフルネス瞑想は、実践することでストレスを軽減してくれると言われています。では、改めて、ストレスとは何なのかということについて話してみたいと思います。

ストレスというのは、今から半世紀以上前のこと。ハンス・セリエというハンガリー系カナダ人の生理学者が唱えたストレス学説から始まっていて、科学的にストレスについて説明をしました。人にストレスがかかると、胃潰瘍になって胃に穴が空いてしまうといったことをはじめ、様々な症状が出ます。しかし、ストレスから解放されると、そういった症状は治るというものです。

では、人にストレスがかかると身体はどのような反応をするのでしょうか。ストレスが刺激として入ってくると、警告反応期になります。入ってきた刺激を何とかしないといけないと、身体が反応するのです。その時、人の免疫力は急激に低下します。何かストレスを感じたときに、冷やっとした感覚とか、フッと何か突き刺さるような違和感を感じた経験がある人も多いと思います。それが警告反応期と呼ばれる状態です。

その後、ストレスに負けないように身体が反応する。これを抵抗期と言いますが、その時に免疫力が上がります。そこで長く戦うことができればいいのですが、長く戦うことはできません。しばらくストレス状態が続くと免疫力が低下してしまいます。そして、免疫力が落ちたまま身体が蝕まれてしまう疲憊(ひはい)期になると、様々な病気になってしまうのです。

ガンもそうですし、高血圧であるとか、糖尿病といった成人病と呼ばれる類のものや、慢性的なめまいなど。ありとあらゆる心身症のような病気と言ってもいいと思いますが、そういった病気はストレスが原因となって起こる可能性があると言われています。

マインドフルネス瞑想に即効性はない

ストレスに人の身体が蝕まれていくのは、このように3つの段階があると言われているのですが、最初の抵抗期で、人の身体は腎臓の上にある副腎という臓器からコルチゾールというステロイドホルモンを放出します。これは、炎症を抑える作用のある分泌物なのですが、抵抗期に放出され続けるのです。それが全身を巡る状態になると、脳に悪い影響を与えるということが最近、わかってきました。

記憶に深く関わる海馬が小さくなったり、感情を司る扁桃体が大きくなることで、常にイライラしてしまったり、思考力が低下して記憶力も低下します。そうなると、人としての生活能力が落ちていってしまい、多方面にわたって悪影響を与えてしまうのです。

マインドフルネス瞑想は、そういったストレスからくる脳や身体への悪影響に対応できるものであり、身体をいい方向に戻してあげようとする力を高めてくれます。しかし、それは即効性があるというものではありません。徐々に変わっていくものです。

それだけに、たまにやってみるだけでは意味があまりないと言っていいでしょう。やはり、日常的にやっていかないと、ストレスに晒され続ける日常から脱することはできないのです。だからこそ、マインドフルネス瞑想は毎日、続けて実践することが大事なのです。

マインドフルネス瞑想というのは、ストレスに負けないためのトレーニングなのです。ちょっと堅い言い方になってしまうかもしれませんが、「修練」とか「修養」に近いものであって、力を培っていく、あるいは養っていくものだという感覚で臨んだほうがいいでしょう。

必ず少しずつ変わっていける

最近はマインドフルネスブームということもあって、「数分の瞑想をするだけで不安やストレスが全てなくなります」と謳っている人もいたりするのですが、そんなにカンタンなものではありません。なぜなら、大きな不安やストレスを抱えている人が自分を落ち着かせようと思えば、それ相応の時間とエネルギーが必要になるからです。大きな不安やストレスから解放されるためには、自分自身の努力や成長が不可欠です。

苦しみが大きければ大きいほど、ぶり返しは何度もやってくるものです。そこから簡単に解き放たれる方法はないと言っていいでしょう。だからこそ、カンタンにできるものだといった話を鵜呑みにしないようにしていただきたいと思います。ただ、しっかりとした指導のもとで実践していけば、流れはゆったりしたものになるとは思いますが、必ず少しずつ変わっていくことができる。それが、マインドフルネス瞑想なのです。

気づきが、生きている今の自分を豊かにする

マインドフルネス瞑想について理解できない方たちからよく聞かれるのは、「マインドフルネス瞑想を実践することで目指すところは何なのか?」ということです。ちょっと禅問答みたいになってしまいますが、その答えは「自分たちはいつか死ぬんだということを理解すること」だと僕自身は思っています。

その瞬間、瞬間に気づくということ。気づきを続けていくことが、マインドフルネス瞑想の基本的なコンセプトと言いますか、考え方なのです。それを意識的にやっていくことこそがマインドフルネス瞑想と言っていいでしょう。

普段、無造作に過ごしている生活習慣の中から飛び出すための練習をする。生きている瞬間を、より輝くように感じるといった感覚などと表現できると思いますが、「あ、生きているってこういうことなんだ!」と気づくこと。そこに楽しさや喜びなどがあるでしょうし、逆に、苦しさや生きづらさもあるかもしれません。いいことも悪いこともひっくるめて、それらを見直していく。そこで得た気づきこそが、生きている今の自分を豊かにしてくれるのです。

マインドフルネス瞑想の本質とは


また、気づきを得るためには、メタ認知とも言われる自己客観視をする力が必要です。自己客観視とは、自分を冷静に眺めているといった状態ですから、それができるようになると、落ち着いている自分を作りやすくなります。

人は、どういう時が一番の幸せなのかと突き詰めて考えてみれば、それは「自分が落ち着いている時」なのではないでしょうか。もちろん、好きなことをしている時も幸せでしょうし、何か欲しいモノを手に入れた時も幸せかもしれません。

しかし、それよりもっと上にある幸せな時とは何なのかと問われれば、「自分の心が落ち着いている状態」、あるいは「調律されている状態」、「心が整っている状態」だと思います。そんな状態でいられることで、自身が幸せであるということに立ち戻ることができるようになる。つまり、「心の安寧」を得ることができるのが、マインドフルネス瞑想の本質なのです。

お金が欲しいとか、何か欲しいモノがあるといった我欲的なことよりも、自分の落ち着きのほうが大事だと気づき、そこに繋がっていることのほうが大事だと感じる。そういった瞬間を見つめて、そこにいるという状態をキープすることが大事なのです。英語では「ビーイング(being)」と表現するのですが、「今、そこに自分の存在があるということ」を意識する。そこにちゃんと繋がっていることが大切なのです。

『ビジネスパーソンのためのマインドフルネス瞑想』Vol.4 〜3分間でできるマインドフルネス瞑想実践〜へ続く)

取材・文:國尾一樹
撮影:たつろう
撮影協力:東京マインドフルネスセンター

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ストレス解消 | パフォーマンス |

関連記事

生活習慣を見直す夏の水分補給~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花のアクア・セラピーvol.18~

  • Column
  • Relaxation

生活習慣を見直す夏の水分補給~水ソムリエ&水鑑定士 竹村和花 ...

食物アレルギー日記 vol.14 高校時代 〜ずっと文化系の部活だったわたしが運動部に〜

  • Column
  • Food

食物アレルギー日記 vol.14 高校時代 〜ずっと文化系の部活だ ...

【特集/いざ温活!】「からだのため」より「自律神経のため」の温活

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

【特集/いざ温活!】「からだのため」より「自律神経のため」 ...

世界遺産マニア必見!! 古代ローマの歴史を感じるプロヴァンスの旅

  • Column
  • Relaxation

世界遺産マニア必見!! 古代ローマの歴史を感じるプロヴァンスの旅

「物語で辿る文脈登山」~花の御嶽、金峰山と五丈岩~

  • Column

「物語で辿る文脈登山」~花の御嶽、金峰山と五丈岩~



新着記事

【特集/いい汗悪い汗】漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<後編>

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

【特集/いい汗悪い汗】漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<後編>

脳からの指令で体の可動域が広がる!脳ストレッチのポイントとは?

  • Relaxation

脳からの指令で体の可動域が広がる!脳ストレッチのポイントとは?

【特集/いい汗悪い汗】漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<前編>

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

【特集/いい汗悪い汗】漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<前編>

足湯のすごい温活効果5選:気軽にできる正しい方法を紹介

  • Relaxation

足湯のすごい温活効果5選:気軽にできる正しい方法を紹介

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

  • Column

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる