あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

血圧計測を習慣化しよう。銭湯で血圧を知る・学ぶ〈BP銭湯WEEK〉イベントレポート

血圧計測を習慣化しよう。銭湯で血圧を知る・学ぶ〈BP銭湯WEEK〉イベントレポート

  • Event
  • Relaxation
  • Special

<SPECIAL>
血圧計測を習慣化しよう。銭湯で血圧を知る・学ぶ〈BP銭湯WEEK〉イベントレポート

更新日:

| BP365 | 生活習慣 | 血圧 | 銭湯 |

日本で高血圧を抱える人は推定で4300万人にのぼる ことをご存知でしょうか。血圧が高い状態が続くと、心筋梗塞などの深刻な病気を引き起こす大きなリスクとなります。それを防ぐためには? さまざまな対策がありますが、まずは自分の血圧を日ごろから知っておくことが大切。定期的に血圧を測ることで、自分の身体の状態が見えてきます。

※出典:2010年 Epidemiology of Hypertension in Japan – Where Are We Now? – Katsuyuki Miura, MD, PhD; Masato Nagai, PhD; Takayoshi Ohkubo, MD, PhD

そんな血圧測定の習慣化を広げる取り組み「BP365」によるイベント〈BP銭湯WEEK〉が東京・荒川区の銭湯「梅の湯」にて開催されました。銭湯の利用客が入浴前後の血圧の変動をチェックし、血圧と健康の関係について手軽に知ることができるこのイベントの模様をお伝えします。

梅の湯は、荒川区にある昔ながらの商店街で営業している地域密着型の銭湯です。1951年から営業している老舗ですが建物を一新したばかりで、とてもきれいでおしゃれな雰囲気。

イベント中に血圧測定した方には、入浴剤や石鹸、オリジナルの手ぬぐいなどが入った「BP銭湯セット」をプレゼントするキャンペーンも。

梅の湯のロビーには血圧計が設置され、訪れたお客さんは自由に血圧を測っていました。さて入浴前と入浴後で血圧はどう変化するのか……? その結果はこの後のレクチャーにてご確認あれ。

筆者も血圧を計ってみると、やや高めの数値が……健康診断ではずっと良好な結果だったのでちょっとショック。病院では正常な数値でも、家庭や職場では血圧が高いという「仮面高血圧」予備軍なのかもしれません。定期的に血圧を測定することの重要さを早速痛感したのでした。

全身を流れる血をイメージした「赤い風呂」が登場! といっても生々しい赤色というよりはオレンジ色。発汗と代謝を促すトウガラシエキスの入った薬用入浴剤が使われています。

イベント初日には、2人のゲストを迎えてのトークショーが行われました。最初に登場したのは、「お風呂博士」こと石川泰弘さん。入浴についてのエキスパートである博士は、「お風呂と睡眠と血圧の関係」について語りました。

まずは入浴と血圧について。お風呂に入った後、血圧は下がりますが、年齢を重ねると、この血圧変動が激しくなり、下がり方も大きくなるので注意が必要なのだそう。健康のためには自分が心地良いと感じる温度の湯に浸かることが大切で、急に汗が出てきたら、それは体を休めるサイン。そこから我慢して長風呂をするのはやめた方が良いとのこと。

また、お風呂に入ると発汗によって血液の粘度が上がりドロドロになるので、入浴の前後にしっかり水分を補給することも大事なことを強調する博士。おすすめする飲み物は水、お茶、イオン飲料。イオン飲料よりも甘いものは避けるよう述べていました。

続いて睡眠と入浴、血圧の関係について。眠気と体温のリズムは相関関係にあって、夜に体温が下がることで自然と眠くなりますが、入浴すると血管が開いてスムーズに体温が下がるため、よく眠れるのだそう。

そして睡眠中は血圧が下がることから、起床したらすぐに血圧を測定することを推奨していました。普段よりも血圧が高かったら、それはしっかり眠れておらず、疲労が蓄積していることを示しているのだとか。「毎朝の血圧測定で身体の状態を知り、生活のリズムを整えるのもいいかもしれません」。そんな提案でお風呂博士はレクチャーを終えました。

2人目のゲストは「ふんどし筋肉マン」こと星野雄三さん。東京大学大学院で筋生理学を修了し、トレーニングに勤しみながらふんどし文化を世界に発信している異色のキャリアを持つ人物です。トレードマークのふんどし一枚で登壇し、「筋肉を鍛えて血圧を改善し、ふんどしを履ける体を獲得しよう」というトークを展開しました。

血圧のために筋トレをする理由とは? 星野さんはふくらはぎにフォーカスします。ふくらはぎの筋肉は、そのポンプ作用で全身に血液を巡らせる力を持っているため「第二の心臓」とも呼ばれています。この部位を鍛えることで、血流を改善できるのだそう。

講義の後は実践編。二人ひと組でふくらはぎの筋肉を鍛えるエクササイズを来場者といっしょに行いました。こうした運動や食生活の改善など、高血圧予防のための行動を継続させるためには、誰かといっしょにやるのが良いと星野さんは主張。最後はお風呂博士もエクササイズに参加し、和やかな雰囲気でトークイベントは幕を閉じました。

血圧計測は病気を予防する確かな手立てになります。何よりもその前提として、血圧が身体の状態を示すバロメータになることが重要なのだということをイベントを通じて感じました。皆さんも定期的な血圧計測で自身を「見える化」し、そこからライフスタイルを構築してみてはいかがでしょうか。

文/Rhythm編集部、写真/後藤秀二


BP365運動では、健康に大きな影響を及ぼす「ライフスタイル」に注目し、生活改善や働き方について考え、健康なからだをつくるための正しい情報やメッセージを発信していきます。


オムロンヘルスケア ゼロイベントサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| BP365 | 生活習慣 | 血圧 | 銭湯 |

関連記事

【次回は8/11に開催】Bianchi海の家セミナーレポート

  • Beauty
  • Event
  • Exercise
  • Special

【次回は8/11に開催】Bianchi海の家セミナーレポート

Rhythm読者3名さま無料ご招待!! ワコールボディブック×オムロンRhythmコラボイベント Vol.4 

  • Beauty
  • Event
  • Exercise

Rhythm読者3名さま無料ご招待!! ワコールボディブック×オムロ ...

青山剛コーチの「スマッチョ×スイッチ!ナイト」~supported by Rhythm~のイベントレポート

  • Event
  • Exercise
  • Special

青山剛コーチの「スマッチョ×スイッチ!ナイト」~supported by ...

お洒落さがポイント、ロンドンのヘルシーフェスティバル

  • Event
  • Exercise
  • Food

お洒落さがポイント、ロンドンのヘルシーフェスティバル



新着記事

話題の体幹トレーニングとは?初心者は1回10秒でOK

  • Exercise

話題の体幹トレーニングとは?初心者は1回10秒でOK

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.7】

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.7】

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.6】

  • Special

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.6】

意外と知らない!? ランニングでやってはいけない5つの注意点

  • Exercise

意外と知らない!? ランニングでやってはいけない5つの注意点

筋トレ前後におすすめのストレッチとは?体への負担を減らして効果を高めよう

  • Exercise

筋トレ前後におすすめのストレッチとは?体への負担を減らして効果を高めよう

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる