あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.5

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.5

  • Food

バブル期の「イタ飯」ブームから30年。当時は子供だった日本の大人はいま、“本物のイタリア料理”を食べているか?Vol.5

更新日:

| ライフスタイル | 料理 | 食事 |

フードライター&エディターの浅野陽子です。

1980年代後半のバブル期に起きた「イタ飯(めし)」ブームから30年あまり。パスタ、ピッツァ、カルパッチョなど、イタリアからやって来た料理であることを忘れるほど浸透し、日本の食卓にイタリア料理は欠かせなくなりました。「パスタは家と外で週2〜3回食べる」という人も少なくないと思います。

しかし筆者自身を含め、イタ飯ブームの当時、子供だった世代も中年以上になりました。食べ歩き好きの人も増えたいま、大人はこの30年で目を肥やし、「本物」と呼べるイタリア料理や食材をきちんと食べているでしょうか?

この壮大なテーマについて、イタリアの食のプロたちに「本物のイタリアンの選び方・楽しみ方」について取材し、シリーズで紹介します。過去の連載はこちらをご覧ください(第1回第2回第3回第4回

シリーズ第5回目は、イオンが展開する本格イタリア食材の専門店、「ラ・ドロゲリア」のバイヤー兼メニュー開発担当者の井上綾佳さんに「本物のイタリア料理」についてお話を伺います。


ラ・ドロゲリア
<店舗情報>※全国のイオンの下記各店舗内
イオンスタイル板橋前野町(東京)・イオンレイクタウン(埼玉)・イオンモール岡山(岡山)


イオンのイタリア食材専門店「ラ・ドロゲリア」とは?

ラ・ドロゲリアは、総合スーパー・イオンの、一部の店舗にある、イタリア食材に特化した専門店です。

「ドロゲリア」は、イタリア語で「ドラッグストア」の意味です。もともとは薬や日用品などを扱う雑貨店だったのが、現在では食材を売ったり、カフェまで併設する店も増え、イタリアの新業態になっています。


写真:イタリア料理のプロが使うような、めずらしい銘柄のパスタも購入できる

「ラ・ドロゲリア」では、日本でまだ販売されていない銘柄の、パスタや生ハム、オリーブオイルや塩、バルサミコなどの食材が買えるほか、飲食スペースもあり、店内でエスプレッソやワインを飲んだり、食事もできます。

ショッピングセンターの売り場内にあるコーナーながら、店内には厨房とイートインスペースが併設され、イタリア郷土の味を再現した手打ちパスタや、独自に開発したパンで作るパニーニなど、本格的なイタリア料理が食べられます。


写真:イートインスペースでは、手作りの手打ちパスタなど本格イタリア料理を食べられる

スーパーのイオンでイタリア食材専門店を立ち上げた理由

総合スーパーのイオンが、なぜ「イタリア」に限定した専門店を作ることになったのでしょうか?井上さんに伺いました。

「当社には『カフェランテ』というコーヒー豆と世界の輸入食品の専門店ブランドがあり、イタリア食材を一部扱っていましたが、イタリアの素晴らしさをもっと踏み込んでご紹介したいという意見が社内で挙がりました。そこでミラノに「イオンイタリア」という会社を設立し、未開拓の商品を現地で探して、日本のイオンのお客さまへ紹介していくことになりました。

イタリアのめずらしい食材を手に取って、同時に飲食もできる場所があったら、イタリアの郷土性や豊かな食文化を日本で広められるのでは、ということで『ラ・ドロゲリア』が立ち上がりました」(井上さん)


当時、出店準備が進んでいた岡山駅前のイオンモール内に2014年、1号店をオープン。翌年2015年11月に、東京のイオンスタイル板橋前野町と埼玉のイオンレイクタウンにも出店し、現在に至ります。

「ラ・ドロゲリア」で食べられる「本物のイタリア」とは?

ラ・ドロゲリアでは、オリーブオイルやバルサミコ、トマトソースなど日本でも定番のイタリア食材のほか、塩やこしょう、フルーツジュース、炭酸水、イタリア直輸入の瓶詰めのピクルスなど、デパ地下や輸入食材店でもあまり見ない、めずらしい商品が400〜500アイテムそろっています。


写真:ラ・ドロゲリアでしか買えない、イタリアから直輸入した塩・こしょう

店内に併設された飲食スペースでは、ローマの郷土料理の「カチョ・エ・ペペ」やシチリアでよく食べられている手打ちパスタ「トロッコリ」など、イタリアの伝統を反映させたメニューを提供しています。

またイタリアでは、どのレストランでも卓上にオリーブオイル・バルサミコ・塩・こしょうが用意され、お客さんはサラダやパスタに自由にかけて食べます。ラ・ドロゲリアでも、イタリア流に「調味料セット」を用意していて、好きなものをかけて楽しめます。食べて気に入れば、買って帰れるのが強みです。


写真:本場イタリアと同じスタイルで、オリーブオイルやバルサミコはかけ放題

「ラ・ドロゲリア」に来るのはイタリアの文化や料理が好きな人

「ラ・ドロゲリア」に来店するのは30〜40代の女性が中心です。さらに、若い頃イタリアを旅していたシニア世代が、イオンに来たときに寄って「こんなところに本物のイタリアがある!」と、リピーターになるケースも多いとのこと。

「基本的にはイタリアの文化や、料理が好きで来てくださるお客さまが多いです。『ホワイトバルサミコ』など少しマニアックで1本1500円ほどする調味料も、サラダにかけて試食し、おいしかったと購入してくださる方もいらっしゃいます」(井上さん)


写真:「白バルサミコ」や「レモン」「ガーリック」風味のオリーブオイルまで取りそろう

日本人はいま、本物のイタリア料理を食べているか?

井上さんは調理師学校を卒業後、イタリアンレストランで働き、イタリアに2年在住経験もあります。今回の連載のテーマ「日本人はいま、本物のイタリア料理を食べているか?」について、どう感じていらっしゃるかズバリ伺いました。

「30代後半の私から見ると、昔よりも日本人のイタリア料理への理解は深まったと思います。イタリアで修業後、日本で店を開いている料理人には『イタリアの地方のトラットリアで10年間働いた』など深いキャリアを持つ人も増えています。現地で学んだ、真のイタリア料理を日本で伝えていこうとする料理人は、昔よりも増えているのではないでしょうか。


写真:他店であまり見ない、瓶入りのイタリア食材も並ぶ

ただ、ミートソースやカルボナーラなど、イタリア料理に日本独自の解釈やアレンジをほどこし、根付いてしまったケースが多いのも事実です。

最近では「生パスタ」をよく見かけますが、イタリアでは見ない商品で、食べると独特のもちもち感があり、違和感があります。イタリアの手打ちパスタにはゆでても強いコシがあり、ああいう食感にはならないので、日本人の嗜好に合わせて開発されたものではないかと。

海外の食文化を、日本人の好みに合わせて楽しむのはよいことですが、ラ・ドロゲリアでは本物を追求していきたいと思っています」(井上さん)


写真:「手打ちトロッコリ ツナとオリーブのアーリオオーリオ」本場シチリアの味を再現したメニューを提供

「ラ・ドロゲリア」バイヤー、井上さんが考える本物のイタリア料理とは

そして井上さんが考える「本物のイタリア料理」の定義を伺ったところ、「郷土性を感じるものが本物」とのこと。ピエモンテ料理、シチリア料理など、イタリア全20州の各土地の食材を使い、そこでずっと食べられてきた伝統料理を指します。


「日本も郷土性がある国ですが、自分の出身地以外の名物料理も、みんな普通に楽しみますよね。しかし、イタリア人は自分の生まれ育った場所の料理が一番で、飽きずに同じものを食べています。同社では、まだ知られていないおいしい各地方の食材を探して、日本でも紹介していきたいと思っています。

また、商品をイタリアから持って来て『並べる』だけでなく、食べ方も一緒にきちんと伝えて、正しく広めていく場所となることがラ・ドロゲリアの目指す姿です」(井上さん)


総合スーパーでおなじみの、イオンが2014年から手がけている「ラ・ドロゲリア」。ショッピングセンターの中にはありますが、食材は厳選してイタリアから仕入れ、厨房も併設し、本物のイタリア料理を日本で紹介しています。イタリア料理に興味がある人は、一度のぞいてみては?井上さん、ありがとうございました!

協力:ラ・ドロゲリア
取材&文・写真:浅野陽子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| ライフスタイル | 料理 | 食事 |

関連記事

肉不足は不眠のもと!? 安眠につながる肉の食べ方・選び方

  • Food
  • Relaxation

肉不足は不眠のもと!? 安眠につながる肉の食べ方・選び方

秋の温活!飲むだけで代謝UPのジンジャーティーで冬支度

  • Food

秋の温活!飲むだけで代謝UPのジンジャーティーで冬支度

ひな祭りには女性にうれしい甘酒を

  • Beauty
  • Column
  • Food

ひな祭りには女性にうれしい甘酒を

ランと酒と浮世絵と。「東京マラソン“サブ4”達成の秘訣とは!?」 現代浮世絵師 ツバキアンナさんインタビュー(後編)

  • Column
  • Exercise
  • Food

次の月経痛が少しでもましになる、 楽しく過ごせる為のセルフケア(長期的) <漢方編>

  • Beauty
  • Food
  • Relaxation

次の月経痛が少しでもましになる、 楽しく過ごせる為のセルフケ ...



新着記事

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.9:脚(膝より下)編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.9:脚(膝より下)編~

体温計はコンビニでも買える?急な発熱でも慌てない買い方のコツ

  • Column

体温計はコンビニでも買える?急な発熱でも慌てない買い方のコツ

腰痛対策にコルセットを使う場合のメリット・デメリットまとめ

  • Relaxation

腰痛対策にコルセットを使う場合のメリット・デメリットまとめ

腰痛の原因となる筋トレと腰痛持ちでもできる筋トレ:下半身、体幹、脇腹を鍛えよう!

  • Exercise

腰痛の原因となる筋トレと腰痛持ちでもできる筋トレ:下半身、体幹、脇腹を鍛えよう!

筋トレ後に筋肉痛がこない理由:筋肉がついた証拠?

  • Exercise

筋トレ後に筋肉痛がこない理由:筋肉がついた証拠?

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる