あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

正月太りに喝!勝手に脂肪が燃える体になる方法

正月太りに喝!勝手に脂肪が燃える体になる方法

  • Column
  • Relaxation

<COLUMN>
正月太りに喝!勝手に脂肪が燃える体になる方法

更新日:

| 基礎代謝 | 生活習慣 | 脂肪燃焼 |

みなさん、新年あけましておめでとうございます!バストアップメソッド「乳トレ」の❝おっぱい番長❞こと経絡整体師の朝井麗華です。

2018年がスタートしましたね!昨年の不調を持ち越すこと無く、ゴキゲンな年明けを迎えられましたか? 食っちゃ寝生活なお正月を経て、連日開かれる新年会。やたらと飲み食いの機会が増える1月。そして気付けば身体が一回り大きくなってる!?との現実に泣きを見る季節でもあります。

そんな怠惰な身体に悲鳴を上げている皆様へ今回私がお教えするのは「正月太りに喝!〝勝手に脂肪が燃える体になる方法〟」です。

まずは脂肪燃焼する仕組みと基礎代謝について理解しましょう。

みなさん、今まで〝食べないだけのダイエット〟ってしたことありますか?その時は体重が落ちるので「痩せた!」と思いますよね?だけどその解釈、間違いです。実はそれって、〝筋肉が落ちている〟ことによる体重減少な可能性大。私たちの身体は、糖質・脂肪・タンパク質をエネルギー源としているので、食事制限によりそれらのエネルギーが不足すると、体脂肪や筋肉中のタンパク質が分解され、減少していきます。


ただ食べないだけのダイエットでは、脂肪も多少は減りますがそれ以上に筋肉を大いに減らしてしまうため、痩せ体質作りにはナンセンス。筋肉とは熱量を生み出してくれる「自家発電装置」のような存在。

筋肉量が減れば減るほど熱量の生産量は落ちてしまうため、やみくもに食べないことに突っ走るダイエットを繰り返した暁には、冷え性が悪化し、脂肪が燃焼しづらく基礎代謝の低い、痩せにくい体質が待っています。ダイエットは筋肉をつくるタンパク質をはじめ、身体に大事な各栄養素をきちんと摂って代謝量を落とさないようにしながら、運動との両輪で行わなくてはなりません。

「以前は食事を抜くだけで簡単に体重が落ちたのに、最近全然痩せられなくなっちゃった」という人。心当たりはありませんか?

ですがご安心を。そうなってしまっていても手遅れではありません。

また基礎代謝を上げていきましょう。基礎代謝とは、何もせずじっとしていても、生命維持に必要な活動を自動的に行うために必要なエネルギーのこと。運動などをしていなくても、生きるために勝手にエネルギーが消費されるので、この基礎代謝が上がると太りにくい身体になれます。

そんな太りにくい身体を作るためにはまず「大きな筋肉」を鍛えてあげることが得策。中でも、骨盤から膝までつながっており、上半身と下半身のつなぎ役も果たしている大きな筋肉のある「太もも」に着目。太ももには、面積の大きな筋肉がたくさんあるため、ここを鍛えるのが代謝を上げるには手っ取り早いのです。


では最初に、自分の太ももの筋肉の状態を知っていただくために「前屈」をしてください。両足を揃えて立ち、ゆっくり前屈みに。手が床に付いてもいないのに、太ももの後ろ側が引きつれて痛かったり伸びないのであれば筋肉が硬くなっている証。そんなあなたは以前より痩せにくくなっているのではないでしょうか?

マッサージ&ストレッチ&筋トレで勝手に痩せる身体に!

「筋肉を鍛える」と聞くと真っ先に、筋肉に負荷をかけて行う筋力トレーニングを思い浮かべる方が多いと思いますが、ちょっと待って。朝井式では3つの段階を踏みます。そうすることで、結果まで効率よく近道できますよ♪

1:太ももマッサージ

筋肉が硬いままストレッチや筋トレをしても代謝アップ体質になるまで遠回りです。まずは筋肉のコリをほぐすことで痩せやすいベースを作ります。コロコロローラーやカッサなど、太ももをほぐせるマッサージアイテムをお持ちの方はぜひそれを使って。お持ちでない場合は以下のセルフケアを行いましょう。

1 ヒップ・太もも裏側全体にオイルやクリームを塗る

2 手をグーに握り、親指以外の指の第二関節の骨をヒップ上部に当て、縦方向に膝裏までなぞる。脂肪やセルライトがたまっていると少々痛いが、無理強いはせず、念入りに何度も行って根気強くほぐすことが大切。(※筋肉のコリに届くよう、拳に圧をしっかりかけて行って)。

3 前側も同様に。そけい部に拳を当て、膝までなぞる

4 太ももをくるりと一周、全体をきちんと網羅するように何ラインも行う

2:太ももストレッチ

筋肉は伸び縮みするもの。柔軟性を取り戻してしなやかな筋肉に。

① 椅子の横にまっすぐな姿勢で立つ

② 右手で椅子の背もたれにつかまり、身体がぶれないように支えながら左脚を後ろに曲げ(右脚だけで立っている状態)、左手で足の甲を持ちヒップに押し付けて10秒間キープ。この時、太もも前側が伸びていることを意識。

③ 左脚を椅子の座面に乗せ、膝が曲がらないように脚をまっすぐ伸ばし、出来る限り前屈をして10秒キープ。この時、太もも後ろ側が伸びていることを意識。

④ ②③を1セットとし、逆の脚も同様に行う。これを3~5セットずつ。

3:太もも筋トレ

太ももの筋肉を鍛える方法はたくさんありますが、これは初心者や運動嫌いな方向けの簡単楽チンな方法。もっと鍛えられる方法はたくさんありますが、まずは簡単なことから日々続けられることが大事。

方法1)全力でつま先立ちする(何かにつかまってOK)。ヒップと太ももの筋肉が反応していることを意識して行うことがポイント。1回30秒~1分×5回。

方法2)片手で壁に捕まり、片脚ずつ前後に大きく振る。なるべく膝を曲げず、前後ともに90度以上上げることを意識しながら片側1分間行う。

方法3)カンフースクワット
中国武術のカンフーに「馬歩(マーブー)」という型があります。これが太ももの筋トレになり、キレイな姿勢作りにも効果的。やり方はカンタン。

① 脚を肩幅の約2倍に開き、両脚のつま先を正面に向ける

② 猫背にならないよう背筋を伸ばしたまま、腰をまっすぐ深く落とす

③ 曲げたひざがつま先よりも前に出ないように意識しながら、10秒間上体をキープ。
※これを1セットとし、5回以上行う。

この3STEP、太ももの筋肉を・柔らかく(マッサージ)・しなやかに(ストレッチ)・使ってあげる(筋トレ)ことで基礎代謝力はグンと上がります。もちろん他の部位の筋肉にも同じことが言えますが、ものぐささんはまずはここから始めてみて。少しの努力を続けた先には・・・メタボ知らずで健康な成果が実ることでしょう♪♪

文:リズムアンバサダー 朝井麗華

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 基礎代謝 | 生活習慣 | 脂肪燃焼 |

関連記事

電動歯ブラシスタンドの選び方と扱い方【歯科医監修】

  • Beauty
  • Column

電動歯ブラシスタンドの選び方と扱い方【歯科医監修】

スリランカのアーユルヴェーダリゾートで身体の奥底からデトックス

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

スリランカのアーユルヴェーダリゾートで身体の奥底からデトックス

平熱の平均は○℃! 1℃下がるごとに起きることとは?

  • Beauty
  • Column

平熱の平均は○℃! 1℃下がるごとに起きることとは?

ラグビー五郎丸に習え!暮らしを健康にする「ルーティンの取り入れ方」

  • Column

ラグビー五郎丸に習え!暮らしを健康にする「ルーティンの取り ...

【動画】マインドフルネスの瞑想の基本と呼吸法 〜マインドフルネスのすすめvol.5〜

  • Column

【動画】マインドフルネスの瞑想の基本と呼吸法 〜マインドフル ...



新着記事

足湯のすごい温活効果5選:気軽にできる正しい方法を紹介

  • Relaxation

足湯のすごい温活効果5選:気軽にできる正しい方法を紹介

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

  • Column

短時間で効率的に!仕事のパフォーマンスを上げる3つの手順

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Exercise

筋トレで背中を痛める原因とは?怪我予防に役立つ筋トレ法3選

  • Column

ダイエット最大の敵はお菓子やラーメンではない?(ボクの最後のダイエットvol.2)

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

  • Relaxation

フラダンスのストレス解消効果とは?基本ステップ3選

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる