あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

経絡整体師直伝!お正月太りを解消する簡単ながらケア

経絡整体師直伝!お正月太りを解消する簡単ながらケア

  • Column
  • Relaxation

<COLUMN>
経絡整体師直伝!お正月太りを解消する簡単ながらケア

更新日:

| 生活習慣 | 脂肪燃焼 |

新年あけましておめでとうございます。経絡整体師の朝井麗華です。

皆さん、良い2019年のスタートは切れましたか?この時期毎年決まって浮上するテーマは〝お正月太り〟。年末年始は忘年会、お正月、新年会・・・やたらと飲み食いする機会が続くので、メタボまっしぐら!生活習慣が乱れるのも分かりますが、毎年毎年どうして同じ過ちを犯してしまうのでしょうね(笑)

それはズバリ!「それによる変化の悪影響が出るのが先だから」です。

もし「今日お酒を飲んだらあなたの体重は10kg増えます」はたまた「天国行き」と確定されていれば行動に制限をかけられるはず。残念ながら、未来の身体のことを考えるより目先の快楽に溺れるのが人間の性なのかもしれません。

糖質制限、酵素ジュース、筋トレ、ジョギング、様々なダイエット方法はありますが、要は、「一日の摂取カロリー<一日の消費カロリー」となれば体型維持は可能です。この関係が逆になると、どんなダイエット方法をもってしても太ります。「炭水化物さえ抜けば肉をどれだけ食べても太らない」というわけではないのです。

では消費量を上げて脂肪燃焼するために「運動しましょう!」と言ってもどうですか?できますか?できる方はこの先は読まなくて大丈夫な人。ぜひそうしてください!

人づきあいも断れないし、なかなか生活習慣も変えられないよ・・・という方は、おそらく冒頭の「身体への結果を先延ばしにする人」。そういう方は実際によっぽどのことがない限り、生き方を変える事はないでしょう。残念ですが、そういう方にも出来るささやかな健康習慣を今回はご紹介します。せめて日常の随所にメタボ解消のための工夫をちりばめていきましょう!

お正月太りを解消するながらケア

①深呼吸

運動なんて嫌いな方でも、どんなに忙しい方でも、呼吸をし忘れる人なんていないですよね?その呼吸を基礎代謝の高い身体作りに使わない手はありません!

以前の記事でご紹介したこの呼吸法を毎日できればむろん理想ですが、続かない人はとにかく一日中気付いたらいつでもどこでも深呼吸してください。例えば、通勤中・仕事中・携帯を見ながら・TVを見ながら・トイレをしながら・お風呂に入りながら等。

ちょっとしたコツは、まず息を吐き出してから行うこと。日中の交感神経バリバリな時は呼吸が浅くなっている方が多いですが、こうすることで肺の隅々まで息を吸い込むことが可能になります。あばら骨を大きく膨らませる様に意識してできるだけたくさん吸って、倍の時間をかけてゆっくり吐き切る。これを3~8回。やってみるとわかりますが、呼吸は血行を促進するので続けるほどに身体がポカポカ。代謝が上がることを体感できるでしょう。

②歯磨きしながらつま先立ち

歯を磨く時、多くの方は立って行いますよね?ではその間を有効活用しましょう!

「これ以上伸びれない!」という全力でつま先立ちをして、疲れたらゆっくりカカトを床に戻して、またつま先立ち。これを歯磨き中に繰り返します。ふらつく方は足踏みにしてもOK(つま先立ちのまま)。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれる下半身の血液のポンプ役。つま先立ちでここの筋肉を使ってあげると血流を促し、下半身の循環を促せて代謝アップに貢献!

③たくさん噛む

皆さんは食事の時、一口に何回噛んでいますか?年末年始にこさえたメタボ、お正月太りを解消したいなら、そのまま同じ調子で飲み食いしていても理想や健康な身体は永遠に叶いません。暴飲暴食で酷使された内臓は疲弊しまくっているのでちゃんと休めてあげないと、免疫力の低下や精神活動の低下など様々な不調を招きます。

そのためにもってこいな、すぐできる技は「たくさん噛む」こと!一口に入れる量を小さくし、いつも以上に噛むことを意識してみて(1回50回を目安に頑張りましょう)。そうすると、口の中の消化酵素「アミラーゼ」が、食事に含まれるデンプンを咀嚼の段階で充分に消化促進してくれます。また食べ物を細分化するほど、その後の体内での消化活動の負担を軽減できます。

さらに不思議なことに、たくさん噛めば噛むほど、自然と食べる量も抑えられます。それは単純に、食事に時間がかかってしまうので全てを食べ切れなくなるということもありますが、噛むことは、食欲を増進させる視覚や嗅覚などの感覚器や、ドーパミンなどの脳内物質への刺激にブレーキがかけることにもなるため、より満足感を得られるのです。

どれも今すぐ簡単にできることばかり!

しかしこれらを習慣化できるかどうかはあなた次第です。うっかり忘れるではなく、変わりたければしっかり「意識すること」が大事。

まずは、
・トイレに入ったら深呼吸
・夜の歯磨きはつま先立ちタイム
・ディナーは1回の咀嚼を50回数えながら食べる

など生活の一部を意識的に〝条件付け〟して行ってみると、次第にそのシチュエーションになったら無意識でも自然に出来る「習慣」とすることが出来ます。その方法で徐々に出来るシーンを増やしていって、ぜひ〝お正月太り解消ながらケア〟をあなたのものにして健康な身体へ近づいていってください!

文:リズムアンバサダー 朝井麗華

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| 生活習慣 | 脂肪燃焼 |

関連記事

肉とビールをやめずになぜ痩せた?「肉とビールでダイエット!?ナイト supported by Rhythm」開催レポート【後編】

  • Column

メッセンジャー世界チャンピオンの見る世界vol.1

  • Column
  • Exercise

メッセンジャー世界チャンピオンの見る世界vol.1

食物アレルギー日記 vol.18 テーマパークで起きたアナフィラキシーショック〜大学時代〜

  • Column
  • Food

食物アレルギー日記 vol.18 テーマパークで起きたアナフィラキ ...

こんなの初めて!オムロン血圧計に新モデル登場「HEM-7600T」の魅力

  • Column

こんなの初めて!オムロン血圧計に新モデル登場「HEM-7600T」の魅力

鼠蹊部を締めつけない「ゆるみパンツ」で冷えとむくみにサヨナラ!

  • Beauty
  • Column
  • Relaxation

鼠蹊部を締めつけない「ゆるみパンツ」で冷えとむくみにサヨナラ!



新着記事

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

  • Relaxation
  • 提携メディア

夏バテ対策に活用したい、しょうがパワー!

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

  • Relaxation
  • 提携メディア

目のトラブルが「見た目」の劣化を招く!?

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

  • Relaxation
  • Special
  • 提携メディア

白露(はくろ)/肺を鍛えてかぜ予防!

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

  • Relaxation
  • 提携メディア

処暑(しょしょ)/ゆらぎやすい体調は毎日の呼吸で乗り切る

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODY「ペア」ストレッチ(全12回) ~vol.6:足首周り編~

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる