あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

日本初Apple Watchハッカソン開催!作ったアプリ5つを紹介

日本初Apple Watchハッカソン開催!作ったアプリ5つを紹介

  • Exercise

日本初Apple Watchハッカソン開催!作ったアプリ5つを紹介

更新日:

| Apple Watch | イベント | ガジェット |

アップルウォッチハッカソンの潜入レポート、2日目。いよいよ審査結果の発表です。各チーム、どんなアプリが出来上がったのでしょうか。初日の様子は日本初のApple Watch ハッカソンが開催!潜入レポをお届けをご覧ください。

静かななかにも、緊張感あふれる空気

2日目。朝9時スタート。早朝から集まり、みんな真剣な表情でPCに向かっています。

DSC_5965

議論も白熱、チームワークも大事です。

DSC_5926

なんと自転車を持ち込んでいるチームも出てきました。自転車に何か装着していますが、どんなアプリができるのでしょう。

DSC_5980

いよいよプレゼンテーション!新作アプリ発表!

今回審査をお願いするのは、株式会社Shift(シフト)の代表取締役、丹下大さん、株式会社Draper nexus Venture Partnersの中垣徹二郎さん、モデルの道端カレンさん、株式会社オムロンヘルスケアの船尾公喜さんという蒼々たるメンバー。

DSC_6356
左から道端カレン、丹下大、船尾公喜、中垣徹二郎

どんなアプリを開発したのか、プレゼンの順にご紹介していきましょう。

パパとママと子供のための子育て支援アプリ、「パマコ」

DSC_6330

彼らが提案したのは、赤ちゃんを育てている親のための育児支援アプリ。子育て中のイクメンが開発チームにいたことがきっかけになったようです。

DSC_6343
子育て中のイクメンデザイナー

赤ちゃんにミルクをあげた時間や量を記録できたり、タイマーでオムツ替えの時間をセッティングしておくと、その時間になったときアップルウォッチが手首を叩いて教えてくれるというもの。

DSC_6335

しかも、このアプリがユニークなのは、ミルクやおむつの時間と量を、リアルタイムで夫のアップルウォッチに送れるところ!ママの大変さをいくら言ってもわかってくれないパパにも、リアルタイムでデータがくれば、「夜中も起きてミルクをあげているんだ」とわかります。

審査員のカレンさんのコメントは、

DSC_6362

「赤ちゃんの子育ては本当に大変。男性は数字で見せると納得するから、ダンナさんにミルクやオムツ替えの情報をデータで見せられれば、おかあさんの苦労もわかってもらえると思います」

ランチ後の眠気を解決するアプリ

DSC_6368

なっぱチームが製作したのは、仕事中やランチ後の睡魔に打ち勝とう!、という眠気打倒アプリ。

パルスオキシメーターという脈拍数や血中の酸素濃度を測るシステムを導入し、眠いときに画面をタップして、そのときの脈拍数や血中の酸素濃度と眠気の関係をモニターします。そうやって1週間くらい、眠くなる時間やタイミングのデータをアップルウォッチに蓄積。

DSC_6378

そうすると、食後など眠くなる時間帯になると、「からだを動かしてください」というようなメッセージが届くというもの。

1週間のうちにどれくらい眠くなるかがわかったり、先週よりも眠くなる回数が減っていれば、「疲れがたまっていない」「よく眠れている」というように体調管理の目安にもなるというわけ。

しかも、育成ゲーム的な要素をプラスして、眠くなってくるとアップルウォッチに設定したペットが弱ってくるしくみ。そのペットを救いたいなら、眠気に打ち勝ってアップルウォッチをタップしないとなりません。

このアプリを進化させれば、たとえば糖尿病や心臓病などと戦う人たちの体調管理にも役立てることができるそうです。

DSC_6386
デモを体験するカレンさん

二択でサクッと返事、快適コミュニケーションアプリ WHICH COM

DSC_6416

たとえば、仕事が早く終わった日の週末。ひとりでご飯に行くのもつまらないから誰かを誘いたい。だけど、当日の誘いじゃ、ちょっと気が引ける。

そんなとき活躍するのが、このアプリ。余分な前置きをせずに、サックリ二択で返事がきけるのです。

DSC_6429

たとえば、こんな感じ。

「飯行かない?」 Yes or No
「遊ぼ」 Yes or No
「お金かして」 Yes or No

スマホでのコミュニケーションを、さらにシンプルに必要な機能だけを残したというこのアプリ。今の段階ではYes or Noの二択しかできないそうですが、将来的には、ユーザーが選択肢を自分で作成できるようにしたいそう。

「おひる、どうする?」 ラーメン or うどん
「引っ越し、手伝って」Yes or OK(!?)

といったふうに。

また、音声機能を使ってノータップで意思伝達ができるようにしたり、日時や場所のデータなどもつけられれば、もっと活用範囲が広がるということでした。

審査員のコメントとしてカレンさんは

DSC_6362

「私、これ、使いたい! <デートしよう?>とか気軽に聞けていいですね。ただ、男性はシンプルなのが好きだけど、女性はもっと話したいと思うかもしれないですね」

珍天堂 チャリンコバトルフィールド CHARIO KART アプリ

これはゲームとリアル世界を融合させた、スゴいアプリです。

DSC_6452

発想の元にあるのは珍天堂ならぬ任天堂のアクションレースゲーム、マリオカート。そのマリオカートとスポーツとヘルスケアを組み合わせて出来上がったのが、このアプリなんだそう。
プレゼンテーションのスライドと動画を取得しましたので、こちらにアップします。

動画出典:youtube

通常の自転車レースなら、いちばん速い人が勝つわけですが、このチャリオカートはうしろのほうを走っている人でも、アイテムを使って、前に出て行くことができます。誰でも逆転できるチャンスがあり、まさに自転車バトルのためのアプリケーション。

自転車にはそれぞれアップルウォッチからの指令を受けるデバイスを装着、そして腕にはもちろんアップルウォッチをつけてスタートします。

DSC_6473

アップルウォッチ上のマップには、ポイントとなる場所が指示されていて、そこを通過すると、GPSからアプリにあるルーレットが自動的に作動。タッチして止めると、止まったところのアイテムが使えます。

10917429_836156626474925_4750517563527036391_n
GPSでアイテムが表示される

11219731_836156629808258_3690418101735707358_n
アイテムのバナナ

たとえば、誰かが自分を追い越したとしますよね。すると、次のポイントでルーレットが回りだし、止まったところがブレーキのアイテムだったとしたら、自分を抜かした自転車に5秒間のブレーキをかけて、相手の自転車のスピードを落とすことができるのです。

加速させるアイテムもあり、ルーレットでそのアイテムをゲットできれば、自分の自転車を一気に加速させることも可能。

自転車100台ぐらいで自転車バトルレースをやってみたいと、チームのメンバーは語っていました。

審査員の船尾さんは
「レンタサイクルなどで、みんなで楽しめるアトラクションゲームとしてやるのは面白いですよね」

中垣さんも
「街全体を使った自転車レースにすれば、街起こしにもいいんじゃないかな。ルーレットの中身を替えて宝探し風にしたり、その街の文化遺産をポイントに使ったりして、面白い自転車ゲームができそう」

リラックス効果をもたらす、ヘルスケアアプリ

DSC_6533

このアプリは、心拍数の状態を見ながら、自律神経が緊張状態にあるのか、リラックス状態にあるのかを測ります。緊張状態にいると、アップルウォッチの画面に赤いランプがつくしくみ。

IMG_2315

DSC_6511 2

実際に自分でツボ押ししたり、人にマッサージをしてもらったりすると、ランプが赤から緑に変わり、自律神経がリラックス状態になったことがわかります。

DSC_6515 2

また、コミュニケーションツールとしても使えるそう。お互いにアップルウォッチをつけて握手すると、握手によって緊張状態からリラックス状態になったことが目で見てわかるのです。

子供とのふれあいツールにもなれば、合コンなどで遊び系ツールとしても楽しめそう。好きな人と握手する口実もできちゃう! まさにひとりでもみんなでも使えるヘルスケアアプリなわけです。

以上の5つのチームの発表が終わりました。
あとは審査結果を待つばかり。

いよいよ審査結果、発表!

そして、いよいよ結果発表!

DSC_6541
選考の総評をするSHIFT丹下さん

まずは、3位「ツボをおさえているで賞」の発表です。アップルウォッチならではの機能を生かしたアプリ開発ができているということで、受賞チームは、タッチボンヌチーム!

「ウォッチじゃないとできないサービスが欲しいと思っていたなかで、腕にウォッチをつけて体の状態を測りながら、マッサージやコミュニケーションをとるというのは、まさにアップルウォッチならではのアプリだと思います。」

賞品は、見事にツボをおさえていただいただということで「ツボ押しグッズ」でした。笑

DSC_6555

2位の「ヘルスケア賞」に輝いたのは、珍天堂チーム

自転車まで絡めたプロダクトを作り上げたレベルの高さに審査員も驚きでした。

DSC_6592

「非常にレベルが高くて驚きました。デバイスとのコミュニケーションの可能性を感じました。

ヘルスケアのデバイスのアプリも開発してもらいたい」と総評をくださったのはオムロンヘルスケアの船尾さん。

DSC_6599

賞品はオムロンさんのヘルスケアグッズです。

そして、待望の1位「カレン賞」の発表です!

カレン賞に輝いたのは──ぎゃっぷさんチーム!

DSC_6627

「純粋に自分自身もやってみたいと思ったアプリでした。審査員の中でも評価が高く、全員一致でこのアプリに決まりました」とカレンさん。

DSC_6633

受賞チームのメンバーにインタビューすると、

2015052
左から:株式会社イノーバ 瀬川氏、ザーズ株式会社 川口氏、株式会社ベーシック 吉井氏

「まさか僕たちのチーム名が呼ばれるとは思っていませんでした。良くて3位狙いだったので、3位がダメだった時点であきらめていました。僕らはシステムの実装がうまくいかなかったのですが、アイデアが評価されたことがとてもうれしいです」

最後にみんなで集合写真をパチリ!

IMG_2399

アップルウォッチのハッカソンは大成功をおさめたのでした。

文:編集部ライター J.O
写真:たつろう

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| Apple Watch | イベント | ガジェット |

関連記事

青山剛「ランニングのための板キック!?」 ~トライアスロン的夏トレのススメvol.2

  • Exercise

青山剛「ランニングのための板キック!?」 ~トライアスロン的夏 ...

眠れないときに効く!ゴロゴロ快眠運動

  • Exercise
  • Relaxation

眠れないときに効く!ゴロゴロ快眠運動

夏バテ対策にもぴったり!マイドリンクの作り方レシピ

  • Exercise
  • Food

夏バテ対策にもぴったり!マイドリンクの作り方レシピ

活動量計はリストバンド型?ポケット型?特徴比較まとめ

  • Exercise

活動量計はリストバンド型?ポケット型?特徴比較まとめ

ランニングコーチと工学博士が対談「健康的に走れるカラダづくり」~測って、気づいて、行動する、自分に合ったリズムを習慣に~

新着記事

こんなの初めて!オムロン血圧計に新モデル登場「HEM-7600T」の魅力

  • Column

こんなの初めて!オムロン血圧計に新モデル登場「HEM-7600T」の魅力

医師が解説!深夜にポケモンGOをしすぎると、身体にどんな影響が出るのか?

  • Column
  • Relaxation

医師が解説!深夜にポケモンGOをしすぎると、身体にどんな影響が出るのか?

肉とビールをやめずになぜ痩せた?「肉とビールでダイエット!?ナイト supported by Rhythm」開催レポート【前編】

  • Beauty
  • Exercise
  • Food

肉とビールをやめずになぜ痩せた?「肉とビールでダイエット!?ナイト supported by Rhythm」開催レポート【前編】

体重20kg増の過去…肉ダイエットに辿り着くまで【長谷川香枝さんインタビューVol.1】

  • Column
  • Special

体重20kg増の過去…肉ダイエットに辿り着くまで【長谷川香枝さんインタビューVol.1】

最大30%OFF!キャンペーン第5弾は「新生活」がテーマ

  • Campaign

最大30%OFF!キャンペーン第5弾は「新生活」がテーマ

おすすめの記事

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

  • Exercise

意外と知らない?体幹トレーニングの効果・メリット

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

  • Exercise

お風呂で出来る!基礎代謝アップに役立つ”筋トレ運動”

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

  • Food

温活飲み物!体温を上げる飲み物11選、下げる飲み物5選

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

  • Relaxation

その吐き気の原因は…?冷え性と吐き気の意外な関係

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

  • Column

電動歯ブラシに向いた歯磨き粉のおすすめをチェック!【歯科医監修】

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる