あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

青山剛「目的のために目標を立てて走ろう!」 〜走れるココロ作りvol.1〜

青山剛「目的のために目標を立てて走ろう!」 〜走れるココロ作りvol.1〜

  • Exercise

青山剛「目的のために目標を立てて走ろう!」 〜走れるココロ作りvol.1〜

更新日:

| パフォーマンス | ライフハック | ランニング |

ランニングコーチの青山剛です。

これまでのコラムでは「健康的に長く続けられる正しいランニング」のために、「走れるカラダ作り」編として、トレーニングの手順や方法を紹介してきました。

今月からは、カラダ作り編にプラスして「ココロ作り編」を紹介していきます。

ランニングを続けていく上での考え方や取り組む姿勢

「ココロ作り編」では、このコラムをご覧いただいている大半の方のような、お忙しい社会人の皆さんがランニングを続けていく上での考え方や取り組む姿勢などを、指導させていただきます。

《目標》と<目的>を明確化する

新年度ですから、まずは今年度の「《目標》」を立ててみてください。

そして、数年先(中期)、10年以上先(長期)の《目標》も立ててみましょう。

《目標》とは、

「今年、マラソンで4時間を切りたい!」
「3年後、100kmマラソンを12時間で走り切りたい!」
「7月までに、ランニングで3kg痩せたい!」

などです。

《目標》を立てる上で大事なことは「期限と数値化」です。

「いつまでにどうしたいか」をはっきりさせることが、まずは《目標》達成へ向けたスタートとなります。《目標》を立て現状把握をして、十分に達成可能かどうかを検討し、トレーニング計画を立て、準備に入ります。

13946948

《目標》を立てると同時にもっと大事なことは、その《目標》達成をする「<目的>」を決めることです。上記の《目標》で言えば、

「何のために、マラソンで4時間を切るのか?」
「何のために、100kmを12時間で走り切りたいのか?」
「何のために、3kg痩せたいのか?」

を決めるのです。

私は一般ランナーを指導してきて11年になりますが、この「<目的>と《目標》」を混同している方が非常に多いようです。それが今のランニングブームで、一番私が懸念しているところです。

ある方は「<目的>はマラソンで4時間を切る『ため』です」と言ってきましたが、それは《目標》であって<目的>ではありません。

例えば、アスリートでも「オリンピックに出たい」は《目標》です。

「オリンピックになぜ出たいのか?」という<目的>がはっきりしていない選手は、オリンピックに出場するという《目標》も達成しづらく、またもし達成できたとしても、「その先に繋がらない」ので、長く活躍できる選手が少ないようです。

この場合、「私が行っている、大好きなこの素晴らしい競技を、もっと日本の多くの方に広めるため」(<目的>)に、「オリンピックに出て8位入賞したい」(《目標》)だとすれば、適正です。

《目標》も、「出たい」だけではなく「8位入賞したい」のように、より具体的だとベストです。

14934474

社会人ランナーの《目標》設定の考え方の例

では、皆さんのような社会人ランナーの方の場合は、どうでしょう。

最初に挙げた例で言うと、

「精力的に仕事をする体力をつけるため」(<目的>)には、「マラソンで4時間を切るくらいで走りたい」(《目標》)。

「『できるわけがない』と、なんでもすぐ諦めてきた自分を変えるため」(<目的>)には、「100kmマラソンという過酷な競技を、12時間以内で走り切りたい」(《目標》)。

「お腹が出て体重が増え、腰痛になってしまったが、また子どもと一緒に元気に遊べるようになりたいため」(<目的>)には、「子どもの夏休みが始まる7月までに、ランニングで3kg痩せたい」(《目標》)。

といった感じが適正ではないでしょうか?

ビジネスでも「年商2億円!」は《目標》であっても、<目的>になってしまうとNGになるのと同じです。

何のために年商2億円にしたいのかが大事です。これが<目的>だと「悪いこと」をしてでもOKともなりかねません。

例えば、「当社の製品が広まり、多くの皆さんの健康増進に繋がるため」(<目的>)には、「年商2億円規模を超えることが必要」(《目標》)といったことと同じですね。

まとめ

まとめると、まず走る<目的>を決めて、その<目的>を達成する手段として《目標》を立てることが大切です。社会人の皆さんは「タイムを縮めることが<目的>」には決してならないはずです。

このコラムのテーマ「健康的に長く続けられる正しいランニング」のためにも、<目的>を具体化、《目標》は期限を決めて数値化し、新年度をスタートしましょう!

*誰でも体幹で走れるようになる「青山剛の体幹ランニングセミナー」は、毎月東京、浦安などで開催中です。詳しくは「チームアオヤマ」で検索!

文:リズムアンバサダー 青山剛

“関連特集:
Rhythm内の「腹筋」に関する、記事はこちらから”

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

夏バテ対策にもぴったり!マイドリンクの作り方レシピ

  • Exercise
  • Food

夏バテ対策にもぴったり!マイドリンクの作り方レシピ

体幹を鍛えると痩せ体質に?体幹とダイエットの知られざる関係

  • Exercise

体幹を鍛えると痩せ体質に?体幹とダイエットの知られざる関係

肩こり解消に即効性あり!手のツボマッサージのやり方

  • Exercise

肩こり解消に即効性あり!手のツボマッサージのやり方

話題の体幹トレーニングとは?初心者は1回10秒でOK

  • Exercise

話題の体幹トレーニングとは?初心者は1回10秒でOK

青山剛「ランニングに繋がる自転車の乗り方・Part2」~トライアスロン的夏トレのススメvol.4

  • Exercise

青山剛「ランニングに繋がる自転車の乗り方・Part2」~トライア ...



新着記事

話題の体幹トレーニングとは?初心者は1回10秒でOK

  • Exercise

話題の体幹トレーニングとは?初心者は1回10秒でOK

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.7】

  • Exercise
  • Food

40代から始める身体づくりの価値〜楽しく続けるためのレシピ 〜【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.7】

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.6】

  • Special

まだランニングも始めていないのに自転車を乗ることに!?【マラソンチャレンジ連載企画 Vol.6】

意外と知らない!? ランニングでやってはいけない5つの注意点

  • Exercise

意外と知らない!? ランニングでやってはいけない5つの注意点

筋トレ前後におすすめのストレッチとは?体への負担を減らして効果を高めよう

  • Exercise

筋トレ前後におすすめのストレッチとは?体への負担を減らして効果を高めよう

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる