あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

青山剛「走り続けるために“トライアスロンも”やりませんか⁉︎ 」~トライアスロン的夏トレのススメvol.5

青山剛「走り続けるために“トライアスロンも”やりませんか⁉︎ 」~トライアスロン的夏トレのススメvol.5

  • Exercise

青山剛「走り続けるために“トライアスロンも”やりませんか⁉︎ 」~トライアスロン的夏トレのススメvol.5

更新日:

| サイクリング | トレーニング | ランニング |

ランニング&トライアスロンコーチの青山剛です。

先日開催されたリオ五輪では、日本選手の活躍が素晴らしかったですね。私が現役時代に競技として行っていたトライアスロンも、大変盛り上がりました。

夏の間、このコラムでは、ランナーの皆さんのための「トライアスロン的夏トレ」の方法をいくつかご紹介してきましたが、実際にトライアスロン大会へ出場したくなってきた方も多いのではないでしょうか?

トライアスロンにはさまざまな距離の大会がある

「トライアスロン」と一口に言っても、ランニング同様に、さまざまな距離の大会があります。まずはその紹介からです。

トライアスロン・距離別大会(距離はスイム、バイク、ランの順です)

■ショート・ディスタンス:750m以下、20km以下、5km以下

■スプリント・ディスタンス:750m、20km、5km

■スタンダード・ディスタンス:1.5km、40km、10km

■ミドル・ディスタンス:2~3km、60〜90km、20km前後

■ロング・ディスタンス:3km以上、100km以上、30km以上

■アイアンマン・ディスタンス:3.8km、180km、42.195km

距離が短い「ショート」や「スプリント」は、速い方ですと1時間前後で走り切ることができます。国内で一番人気があるオリンピックと同じ距離の「スタンダード」は、2〜3時間前後になります。

一番長いとされている「アイアンマン」だと、世界のトップでも8時間、遅い方ですと13時間以上かかることもあります。

「トライアスロン」と「ランニング」の負荷の違い

私の競技経験上、もし全力で頑張った場合、「身体にかかる負荷」をランニングと比較すると、大体、以下のようになります。

■ショート〜スプリント・ディスタンス:10〜15km前後のランニングに相当

■スタンダード・ディスタンス:ハーフマラソン〜25km前後のランニングに相当

■ミドル・ディスタンス:フルマラソン前後のランニングに相当

■ロング〜アイアンマン・ディスタンス:ウルトラマラソン(70〜100km)のランニングに相当

「負荷」的には上記のようになりますが、「負担」的には、圧倒的に「ランニングだけ」を行うほうが高くなります。この負担とは、故障を引き起こすリスクでもあります。

私の指導経験上でも、ランニングだけを行っている方より、ランニングにプラスしてトライアスロン、もしくは「トライアスロン的トレーニング」も行っている方のほうが、故障の確率がぐっと低いようです。それは、同じ有酸素運動を行い続けるにしても、「局所的負担」がトライアスロンでは分散されるからです。

aoyama17_image1

トライアスロンならではの面白さ

ランニングに比べ、トライアスロンには大会ごとに環境が大きく変わる「面白さ」があります。

スイムは海なのか、波があるのか、流れがあるのか。バイクとランは、坂があるのか、風があるのか、周回コースなのか。トランジット(種目間の着替え)までの距離が長いのか、など。

従って、タイムが大会ごとにかなり変動するため、ランニングほど「タイムだけ」を気にすることが少なくなります。

ランナーは、初マラソンを完走した感動を忘れ、2回目以降はせっかく頑張って完走しても、自己ベストや目標タイムを達成できなかったことで落ち込む方が多いようです。従って、タイムが出やすい「平坦コース大会」ばかりに人気が集中しているようです。これでは皆さんのような趣味のランニングとしては、とても窮屈だと思います。

しかし、トライアスロンは、上記のように大会ごとの環境が変わり過ぎるため、タイムがそれほど参考になりません。逆に、平坦過ぎると「つまらない」とさえ感じてしまう場合もあります。

簡単にいえば、毎回、初マラソンの感動に近いものが得られる気がします。毎回同じ距離の大会でも、違った山を登るような登山の達成感に近いかもしれません。

このコラムのテーマである「健康的にずっと続けられる正しいランニング」のためにも、トライアスロンにもチャレンジしてみませんか?

これまでの運動への世界観も大きく変わるはずです。そして、正しく取り組めば「クロストレーニング効果」から、ランニングのレベルアップも期待できます。

しかし、誰でもトライアスロンにチャレンジできるわけではありません。そこには「体力レベル的条件」があります。次回は、「トライアスロンにチャレンジする条件(基準)」をご紹介します!

*参考書籍
「レースで勝つための最強トライアスロン・トレーニング(日東書院)監修:青山剛」
*誰でも体幹で走れるようになる「青山剛の走らないランニングセミナー」は毎月開催中です!詳しくは「チームアオヤマ」で検索!

文・写真提供:リズムアンバサダー 青山剛

“関連特集:
Rhythm内の「腹筋」に関する、記事はこちらから”

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連キーワード

| サイクリング | トレーニング | ランニング |

関連記事

あくびはチャンス! 魅力的な「モテ声」をみつける方法

  • Exercise

あくびはチャンス! 魅力的な「モテ声」をみつける方法

一生運動しないといけないの、先生!?

  • Exercise

一生運動しないといけないの、先生!?

プリプリなお尻を育てる!桃尻ウォーキングのススメ

  • Beauty
  • Exercise

プリプリなお尻を育てる!桃尻ウォーキングのススメ

骨ストレッチ<おなか>蛇腹ストレッチ

  • Beauty
  • Exercise
  • 提携メディア

骨ストレッチ<おなか>蛇腹ストレッチ

骨盤ゆがみの原因は?骨盤ウォーキングで改善しよう

  • Beauty
  • Exercise

骨盤ゆがみの原因は?骨盤ウォーキングで改善しよう



新着記事

体温計はコンビニでも買える?急な発熱でも慌てない買い方のコツ

  • Column

体温計はコンビニでも買える?急な発熱でも慌てない買い方のコツ

腰痛対策にコルセットを使う場合のメリット・デメリットまとめ

  • Relaxation

腰痛対策にコルセットを使う場合のメリット・デメリットまとめ

腰痛の原因となる筋トレと腰痛持ちでもできる筋トレ:下半身、体幹、脇腹を鍛えよう!

  • Exercise

腰痛の原因となる筋トレと腰痛持ちでもできる筋トレ:下半身、体幹、脇腹を鍛えよう!

筋トレ後に筋肉痛がこない理由:筋肉がついた証拠?

  • Exercise

筋トレ後に筋肉痛がこない理由:筋肉がついた証拠?

体温を上げる運動4選:基礎代謝を上げて免疫力アップ!

  • Exercise

体温を上げる運動4選:基礎代謝を上げて免疫力アップ!

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる