あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

青山剛「できることに集中して走りましょう!」 ~走れるココロ作りvol.3〜

青山剛「できることに集中して走りましょう!」 ~走れるココロ作りvol.3〜

  • Exercise

青山剛「できることに集中して走りましょう!」 ~走れるココロ作りvol.3〜

更新日:

| トレーニング | パフォーマンス | ランニング |

ランニングコーチの青山剛です。

この連載は、テーマである「健康的に長く続けられる正しいランニング」のための、「走れるカラダ作り編」と「走れるココロ作り編」の2部構成です。

今回は「走れるココロ作り編」の第3弾です。このコラムをご覧頂いているほとんどの方に、心当たりがあるようなお話しをしたいと思います。

自分のコントロールできないことにエネルギーを使うな

ランニング練習や大会を走る上で、多くの方が余計なことを考え過ぎて、それがマイナスになってしまい、トレーニング効率や大会でのパフォーマンスが下がっている場合があります。

それは何かというと「自分のコントロールできないことにエネルギーを使っている」ということです。これがいわゆるストレスとなり、緊張を生み、マイナスに働いてしまうのです。

例えば、トレーニングの場合、

A:「仕事が残業になったら、予定の練習ができないなあ」

B:「寒くて、身体が温まらず怪我をしそうだなあ」

C:「雨が降りそうなので、気分が乗らないなあ」

など、日々トレーニングの上でもストレスを感じたことがあるはずです。

ここで、スポーツ心理学では「鉄板」といわれる方法で解決してみます。それは「自分のコントロールできないことは考えから削除し、コントロールできることに集中する」ということです。

急な残業のケース

Aの場合、会社員の方であれば、自分の希望しない急な残業はよくあることだと思います。でもこれは、ほぼ自分でコントロールできないことです。それを悶々とストレスに感じてしまうのは無意味なので、考えから削除。仕事後の練習ができない可能性があるのなら、一つの案として、残業を想定して、朝に練習を終わらせてしまいましょう。

・コントロールできないこと⇒残業⇒考えから削除

・コントロールできること⇒練習をするタイミングを変える⇒集中してそれに取り組む

こういった思考を日々行うことで、本来集中すべき、そしてエネルギーを使うべきことに「全部」持っていけるので、パフォーマンスがアップし、ストレスも軽減します。

天候のケース

B、Cのような「天候」の場合、まさに自分でコントロールできることではないので、あれこれ考えることは削除。その代わりに、寒くなりそうだったり、雨が降りそうだったら、自分がコントロールできること⇒ウォーミングアップをしっかり行う、ウェアを調整することに集中すれば良いだけです。

もっと言えば、週間天気などいくらでも情報を入手できるわけですから、その予報を踏まえ、あらかじめそれを想定したトレーニングプランの作成に集中すればより良いわけです。

それは大会当日にも同じことが言え、ウェアなどの準備をしっかり行えばいいだけです。

Young man resting on a run

大会でのココロの作り方

ランニング大会の場合でも、以下のようなことでストレスや緊張が生まれていませんか?

D:「スタート時の混雑で、予定ペースで走れなかったらどうしよう」

E:「同じ年代の選手が多く出るらしいので、年代別順位が落ちそうだなあ」

F:「坂道が多く、いつも以上に疲れそうだなあ」

D~Fは、まさに自分がコントロールできないことをあれこれ考えているパターンです。

Dのケース

・コントロールできないこと⇒スタート時の混雑

・コントロールできること⇒エントリーの段階で、その混雑具合を確認し、他の大会にエントリーする。同じスタートブロックでもなるべく前方に並び、少しでも混雑を避ける。スタートしてしばらくは、ウォーミングアップだと思って、のんびり走る。

と、なります。

Eのケース

同じ年代の選手が何人出るかも自分でコントロールできることではないので、考えから削除です。本当に年代別順位を上げたいときは、他の選手のデータを分析するなどして対策を立てるのですが、一般の方の場合、そんなことをしていたら、大会前に疲れ果ててしまうだけです。従って自分の走りに集中すること、それがベストです。

これがランニングではなく対人スポーツなどの場合、相手が自分より強いとか弱いとか、また調子が良さそうなど、自分でコントロールできないことですから、考えから削除。自分がコントロールできることは、その相手の特徴を事前に十分に研究して、その対策を練ることだけです。

Fのケース

Fの坂道も同様です。目標大会で坂道があっても、それをなくすことはできません。だとしたら、練習で坂道対策をしっかりすることに集中し、大会でもその坂道の克服に集中するしかありません。

まとめ

ランニングやスポーツに限らず、この方法は生活していく上でのすべてのことに使えます。例えば、今ストレスや不安に感じていることを全部紙に書き出してみてください。それを自分のコントロールできることとできないことの二つに分けるのです。

そうしてみると、ストレスや不安に感じていることの大半は、自分でコントロールできないことだと気づくはずです。コントロールできないことは考えから削除し、コントロールできることに集中して取り組むしかないのです。

トレーニングも何事も、しっかりと事前に「想定」して準備を進めれば、自分がコントロールできることは増えてきます。ランニングを健康で長く正しく続けるためにも、コントロールできないことをあれこれ考えず、コントロールできることに集中して楽しみましょう!

*誰でも体幹で走れるようになるランニングセミナーを、毎月東京、浦安などで開催中です。詳しくは「チームアオヤマ」で検索!

文・写真提供:リズムアンバサダー 青山剛

“関連特集:
Rhythm内の「腹筋」に関する、記事はこちらから”

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

「現代女流浮世絵師、京都マラソンを走る 青山剛×ツバキアンナ対談 Vol.4」 〜ランニングはオマケを見つけるとさらに楽しくなる(前編)〜

NY発・暗闇バイクエクササイズとは?無酸素運動で代謝アップ!

  • Exercise

NY発・暗闇バイクエクササイズとは?無酸素運動で代謝アップ!

「舌トレ」で二重あご改善。美しいフェイスラインをつくる方法

  • Beauty
  • Exercise

「舌トレ」で二重あご改善。美しいフェイスラインをつくる方法

キュッと上がった美尻をメイク!おすすめヨガポーズ3選

  • Beauty
  • Exercise

キュッと上がった美尻をメイク!おすすめヨガポーズ3選

青山剛「走り続けるために“トライアスロンも”やりませんか⁉︎ 」~トライアスロン的夏トレのススメvol.5

  • Exercise

青山剛「走り続けるために“トライアスロンも”やりませんか⁉︎ 」 ...



新着記事

ストレスによるやけ食い・暴飲暴食をストップする方法とは?

  • Food

ストレスによるやけ食い・暴飲暴食をストップする方法とは?

脳科学を取り入れた脳ストレッチのスゴイ効果とは!?

  • Relaxation

脳科学を取り入れた脳ストレッチのスゴイ効果とは!?

【特集/いい汗悪い汗】快適素材で、効率よく汗を蒸発

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

【特集/いい汗悪い汗】快適素材で、効率よく汗を蒸発

【特集/いい汗悪い汗】汗は美と健康のバロメーター!

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

【特集/いい汗悪い汗】汗は美と健康のバロメーター!

【特集/いい汗悪い汗】漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<後編>

  • Beauty
  • Relaxation
  • 提携メディア

【特集/いい汗悪い汗】漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<後編>

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる