青山剛「大切なのは、健康的に続けられる"正しいランニング"」 | Rhythm (リズム)

あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

青山剛「大切なのは、健康的に続けられる”正しいランニング方法”」

青山剛「大切なのは、健康的に続けられる”正しいランニング方法”」

  • Column

<COLUMN>
青山剛「大切なのは、健康的に続けられる”正しいランニング方法”」

更新日:

| ウォーキング | パフォーマンス | ランニング |

トライアスロンのプロ選手からコーチへ転身し、オリンピック選手を輩出。現在は競技者だけはなく、子どもから初心者までトライアスロンやランニングの指導も行う、ランニングコーチの青山剛さんのランニング連載がRhythmでスタートします。

連載に先立ち、同じくRhythmアンバサダーで、予防医療ジャーナリストとして、自身もランナーである坂本真理さんが連載の経緯や青山さんの連載で伝えていきたいこと内容について、お話を伺いしました。

対談形式の記事でお伝えします。

青山剛
元プロトライアスリート。大学時にプロ活動を開始し、1999年世界選手権日本代表に選出される。その後トライアスリート中西真知子選手のコーチとなり、2004年アテネ五輪出場に導く。現在は、ランニング、トライアスロン、クロストレーニングのコーチとして、競技者から初心者、タレントまで幅広く指導。著書に『青山剛のスイッチ・ランニング(高橋書店』『マラソンで自己ベストを出したいなら、全力で走るな!(洋泉社)』など多数。

IMG_8021
写真:左から青山剛さん、坂本真理さん

健康的にずっと続けられる、正しいランニング方法

坂本:今日はよろしくお願いします!今回、青山さんが連載していくテーマは、30代や40代のランナー向けに「健康的にずっと続けられる正しいランニング」と伺いました。

青山:はい、そうですね。

坂本:ここ数年ランニングブームで、一般ランナーがホントに増えたと思うんですけど、青山さんは安易なランニングブームに警鐘を鳴らしています。なにか伝えたいことがあるんでしょうか?

正しい走り方を知らないで走る人は、身体を壊す

青山:ランニングというのは、特別な技術や道具が必要なわけではないので、誰でも気軽に始められますよね。でも、そこが落とし穴で、特に教わることもなく走れちゃうから、実は、正しい走り方を知らない人が多すぎるんです。

青山:正しいランニング方法、ランニングフォーム、つまり”正しい走り方”を知らないから、身体を壊して続けることができなくなってしまう、という人をたくさん見てきたんです。

坂本:確かに30代・40代から始める人も多いですけど、マラソン大会に挑戦したものの、そのままいつの間にかやめてしまう人って多いですよね。

IMG_7987

なんのために走るかという「目的」をきちんと設定する

青山:そういう人に多い傾向として、タイムや月間何キロ走ったかを基準にするというのがあります。

青山:でも本来はそういう「目標」じゃなくて、なんのために走るかという「目的」を持たなくちゃいけないんです。まず目的ありきで、その上で目標を置くべきなんです。例えば、子どもと一緒にスポーツするなら、「マラソンで4時間切るタイム(体力)じゃないとダメだな」とか、そういうふうに考えるといいです。

坂本:なるほど。目標と目的の違いをちゃんと整理した上で、なんのために走るか「目的」を持つ!ということですね。

正しく立てる人が、正しく歩けるようになり、走れるようになる

坂本:それでは、実際に身体を壊さないように走るためにはどういう工夫が必要なんですか?

青山:まずは、やみくもに走ったり、痛みに耐えて走るという考えを捨ててもらわなければいけません。走ることだけが走るトレーニングではないのです。

IMG_7970

坂本:走ることだけが走るトレーニングではない?どういう意味ですか?

青山:水泳って蹴伸びが基本ですよね。泳ぎを学ぶにはまずそこからなのに、走ることに関してはなぜか基本が見落とされているんです。

青山:つまり、走る基本は立つ姿勢なんです。正しく立てる人が正しく歩けるようになり、正しく歩ける人が正しく走れるようになるのです。

正しく立つ走りの基本は立つ姿勢、これが基本ライン

坂本:まずは立つ姿勢を身につけないと、走り方はわからないわけですね。そうなると、実は部活動とかスポーツ経験がある人のほうがクセみたいなものがあって、基本に戻るのが難しいかもしれないですね。

青山:そうなんです。今までスポーツ経験がなかった人のほうが、意外と素直に学ぼうとしてくれるので、走り方の基本から身についたりします。

青山:立つ、歩く、走る、というこの基本ラインをしっかりおさえてから走るようになれば、無理なく身体を使えるようになって故障も劇的に減ります。体幹を使って、いかに足を節約して走れるかがポイントになりますね。そしてそれは当然、良いフォームでもあるのです。

本当に良いランニングフォームとは

坂本:正しいランニングフォームで走ってる人って、走ってる時に後ろから迫ってきてもわかりますよね。「あぁ良いリズムで走ってて、この人うまいな」って。音楽聴きながら走る人多いですけど、そういう足音とかいろんなリズムを感じる機会を失ってしまってると思うと、ちょっともったいないですよね。

青山:音楽がないと走れないという人は、走ることを楽しめていないんだと思います。もちろん、たまに聴くのはいいと思いますけど、それだとランニングの楽しさを耳から感じ取れてないなって思いますね。

坂本:それでは、今後の連載に続くかたちで締めていただけますでしょうか。

本当に良い、正しいランニングは、長く続けられるランニング

長く続けられるランニング

青山:本当に良いランニングというのは、「目標」「目的」「正しさ」「楽しさ」の四輪がうまくまわっている状態だと思います。そして、一般ランナーのみなさんに意識して欲しいのは「ロングセラー」です。

青山:「ベストセラー」を狙うのはアスリートであって、プロじゃない人は、とにかく続けることを意識してほしいです。続けていれば、いつか本物になります。これからの連載はそうなるためのコツを少しずつお伝えしていければなと思っています。

インタビューを終えて

青山さんの伝える「長く続けられるランニング」が、とてもシンプルなコンセプトなんですが、普段あんまり意識しないで走っている私からすると、すーっと入ってくるような優しい言葉で、とても印象的でした。

そんな青山さんが、プロのランニングコーチとして、「健康的にずっと続けられる正しいランニング」や「走れるカラダづくり」について、基本的な考え方から実践のコツまで、連載形式で伝えていきます。

青山剛さんの記事一覧はこちらからご覧いただけます、どうぞお楽しみに!

追記)
【特別対談】『「健康的に走れるカラダづくり」~測って、気づいて、行動する、自分に合ったリズムを習慣に~』では、目的と目標を正しく持つことの重要性をオムロンの工学博士・中嶋宏と対談しております。こちらもご覧ください。

語り手:青山剛、坂本真理
文:リズム編集部
写真撮影:たつろう

“関連特集:
Rhythm内の「腹筋」に関する、記事はこちらから”

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

ベトナム無償医療の日本人眼科医・赤ひげ先生の原点「人のために生きろ」

  • Column

ベトナム無償医療の日本人眼科医・赤ひげ先生の原点「人のため ...

歯周病になりにくい電動歯ブラシの磨き方とブラシの使い分け方【歯科医監修】

  • Beauty
  • Column

歯周病になりにくい電動歯ブラシの磨き方とブラシの使い分け方 ...

日本の非常識は世界の常識だった!? -ボスニア・ヘルツェゴビナ編-

  • Column
  • Relaxation

日本の非常識は世界の常識だった!? -ボスニア・ヘルツェゴビナ編-

  • Column
  • Relaxation

音と脳の研究者&Dr.DJ宮崎敦子「脳と音楽に関する研究」を始め ...

「敬老の日」、今年は「健康」を贈りませんか?

  • Column

「敬老の日」、今年は「健康」を贈りませんか?



新着記事

なぜ”寝る子は育つ”のか?知られざる、成長ホルモンと睡眠の関係。

  • Beauty

なぜ”寝る子は育つ”のか?知られざる、成長ホルモンと睡眠の関係。

エアロビクスのメリット3選:効果をアップさせるコツも紹介

  • Exercise

エアロビクスのメリット3選:効果をアップさせるコツも紹介

食物アレルギー日記 vol.32 アナフィラキシーショック症状発生時の血圧の低下

  • Column
  • Relaxation

食物アレルギー日記 vol.32 アナフィラキシーショック症状発生時の血圧の低下

良質な眠りに誘う“パジャマヨガ”。本当に寝落ちしてしまいそうな気持ち良さ!【後編】

  • Column
  • Relaxation

良質な眠りに誘う“パジャマヨガ”。本当に寝落ちしてしまいそうな気持ち良さ!【後編】

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【前編】

  • Column
  • Relaxation

入眠の新習慣「パジャマヨガ」を始めよう! イベントレポート【前編】

人気記事

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP



閉じる