あなたにちょうどいい、リズム|Rhythm

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん、笹原廣喜さんインタビュー(後編)

2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん、笹原廣喜さんインタビュー(後編)

  • INTERVIEW
  • Special

<SPECIAL>
2020年東京パラリンピックに向けて  オムロン太陽 城隆志さん、笹原廣喜さんインタビュー(後編)

更新日:

| 2020 | オムロン太陽 | パラパワーリフティング | パラリンピック | 車いすマラソン |

前編では、競技の魅力やトレーニングの内容について語ってくださったお二人。後編では、いよいよ東京パラリンピックについての話題に移ります。アスリートであると同時に、後進を育てる立場でもあるお二人は、2020年大会に向けてどのような活動を行っているのでしょうか。お話を通して、障がい者スポーツの未来にかける熱い思いが見えてきました。

――2020年に、いよいよ東京パラリンピックが開催されます。大会に向けてのお気持ちを聞かせてください。

城さん 「2020年で60歳になりますが、まだまだ選手として参加するつもりです。先日、海外の大会に出場したのですが、“この上げ方だと絶対に白をもらえる”という感覚を、3本目でようやく掴むことができました。海外の大会は国内よりも審査が厳しいため、より実践的な経験を積むことができます。今回得た感覚をもって2020年に臨めば、勝機はあると信じています。もしも出場が叶わなかった場合も、審判やボランティアなど何らかの形で関わって、大会を盛り上げていきたいですね」

笹原さん 「私は、メダルを目指す選手たちを、精一杯サポートしていきたいです。2008年の北京パラリンピックで表彰台を経験しているため、そこに立つにはどれだけの準備と時間が必要なのかが、自分のなかで見積もりができています。時間や年齢を考えると、正直、出場を目指すのは現実的ではありません。最近は若い選手から、現役当時のトレーニング内容や使用していた道具のこと、技術に関することなどいろいろなことを聞かれます。彼らにこれまでのノウハウを惜しみなく伝えて、バックアップしていけたらと考えています」

――パラリンピックの影響で、競技人口もずいぶんと増えたのではないでしょうか。

城さん 「ライバルがたくさん増えて大変ですよ(笑)。若い選手や、ほかのスポーツから移ってきた選手も見られるようになりました。そういったなかで勝てたら嬉しいし、楽しみでもあります。現在は、出場を目指す方々と一緒にトレーニングを行っています。確かにライバル同士ではありますが、足を引っ張り合うのではなく切磋琢磨しています。もちろん、私からアドバイスを送ることもあります。自身の限界に挑む姿を応援し、成功したら心から讃える。成功した姿に刺激され、自分も頑張ることができる。そういった前向きな環境のなかでトレーニングできています」

笹原さん 「車いすマラソンにおいては、市民レースに挑戦してみたいという方が増えて、盛り上がりを実感しています。この競技でもやはり若い選手たちが頭角を現し、大会で上位に入ってくるようになりました。次の時代を担う選手たちが、ベテラン勢と肩を並べて走る様子を見ていると、なんだかとても嬉しくなるんですよね」

――そのような状況で、課題を感じることはありますか?

城さん 「私が競技を始めた1986年の時点では、パラ・パワーリフティングはまだ日本に浸透していませんでした。しかし、2001年に日本パラ・パワーリフティング連盟が発足。全日本選手権の開催は、2019年に19回目を迎えます。確かに昔に比べると、環境はよくなりました。ただ、指導者の数がまだまだ少ないのが実状です。障がいの内容によってどの部位を鍛えるかが違いますし、障がいのレベルによってパフォーマンスの発揮の仕方も変わってきます。指導者たちは少ない人数のなかで、効果的なトレーニングを試行錯誤しています」

笹原さん 「先にお話ししたとおり、マラソンは時間のかかるスポーツです。現役の頃は、よく速い選手たちと集まってスピード練習を行なっていましたが、どうしても準備や移動に時間をとられていました。まさに“体力と根性で走る”という時代でしたが、最近はようやく科学技術を取り入れるチームがでてきました。より効率的に、より安全にと、トレーニングの精度が上がってきています」

――やみくもにトレーニングするのではなく、科学的な根拠に基づいて行うことも大切なんですね。

城さん 「水泳や陸上競技のトレーニングでは、科学や栄養学が積極的に導入されています。体の状態を数値化することで効率化され、生活習慣を厳しく指導されることも珍しくありません。しかしパラ・パワーリフティングでは、すべて自分で管理しないといけない状況です。今後、そういった環境が整っていくと、競技の活性化に繋がるはずです」

――では最後に、東京パラリンピックと今後の活動に向けての抱負を聞かせてください。

城さん 「大会に向けて、体のケアを万全にすることは当然です。今後は指導者として、例えば障害をもつお子さんとその親御さんを対象にした、キッズスポッチャの指導なども行なっていけたらいいですね。障がい者スポーツは種類が増え、そのぶん選択肢も広がりました。新しく始める方と一緒に、方向性を見つけていきたいと思います。東京パラリンピックでせっかく知名度が上がってきているので、魅力を高めて、一人でも多くの方に“自分も挑戦してみよう”と思ってもらえるようにしなければ。パラリンピックが成功して、それで終わりではありません。本当の勝負は、開催後に始まります」

笹原さん 「私は車いすマラソンを始めたことで、支えてくれる方々にどう恩返しするかを考えるようになりました。また、ひとつひとつのレースで“必ず何かを得よう”という前向きな考え方ができるようになりました。だからこそ可能な限り走り続けて、その姿を通して“スポーツが持つ力”を伝えていきたいです。もちろん、後進の育成にも尽力していきます。そのなかから、パラリンピックのメダリストが生まれたら最高ですね」

【仲間の声】
立川嘉則さん→笹原さん

「笹原君というすごいアスリートと、一緒に働けることはとても誇らしいことです。もちろん大会では、誰よりも先に大きな声援を送っていますよ(笑)。仕事では、お互い製造現場の監督をしています。最初はアスリートということで、ストイックで頑固な人なのかなという偏見がありました。しかし実際は何事においても謙虚。オープンマインドで、私の意見にもしっかりと耳を傾けてくれます。これからも刺激しあい、定年まで成長していけたらいいですね」

笹原廣喜さん Profile

1974年4月20日、大分県生まれ
脊髄を損傷した25歳の時に、車いすマラソンに人生の目標を見いだす。2006年の大分国際車いすマラソンで日本人初優勝。2008年北京パラリンピックで銀メダルを獲得した。

次回連載では、オムロン太陽が地域と共存している様子や別府ならではの「温泉療養」に基づく身体ケアについてお届けします。

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

『いくつになっても、心地良く生きていなければ意味がない』 日本語ラップ界のレジェンド、「RHYMESTER」宇多丸さんインタビュー Vol.1(後編)

森でも山でもない。「滝」に魅せられた理由とは?【滝ガール・坂崎絢子さんインタビュー前編】

  • Interview
  • Relaxation

森でも山でもない。「滝」に魅せられた理由とは?【滝ガール・ ...

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』〜Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.2〜

部下からは呼び捨て!? リーダーの新たな定義【中竹竜二さんインタビュー後編】

  • Column
  • INTERVIEW

部下からは呼び捨て!? リーダーの新たな定義【中竹竜二さんイン ...

『スーパーストライカーが「スーパーダディ」の次に目指すモノとは!?』〜Jリーグ史上最強ストライカー・大久保嘉人さんインタビュー Vol.1〜



新着記事

500g以下限定! 超軽量焚き火台を尾崎”Jacky”光輝さんとレビューしてみた【特集:キャンプと火と】

  • Special

500g以下限定! 超軽量焚き火台を尾崎”Jacky”光輝さんとレビューしてみた【特集:キャンプと火と】

「お正月太りは早めに解消しよう!ダイエット効果を上げる秘訣」Vol.37

  • Exercise

「お正月太りは早めに解消しよう!ダイエット効果を上げる秘訣」Vol.37

実は滝見シーズン!冬ならではの滝鑑賞スタイル

  • Relaxation

実は滝見シーズン!冬ならではの滝鑑賞スタイル

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.10:お尻編~

  • Beauty
  • Exercise
  • Special

青山剛の美BODYストレッチ(全12回) ~vol.10:お尻編~

紅茶のポリフェノールで体温アップ。美味しく寒さ対策を!

  • Food

紅茶のポリフェノールで体温アップ。美味しく寒さ対策を!

人気記事

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

  • Exercise

疲労回復やダイエットにも!水泳の驚きの健康効果

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

  • Special

インタビュー:村山彩 旅先で何を食べる? トライアスリートの体を作る食事【特集:トライアスロンと旅】

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

  • Relaxation

筋肉の疲労回復におすすめのマッサージ4選:筋肉痛になる前に対処できる!

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

  • Food

疲労回復レシピ!野菜煮込み料理「ラタトゥイユ」の作り方

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

  • Beauty
  • Column
  • Exercise

ロンドンの男女は自転車ライフで輝いている!

PAGE TOP

PAGE TOP

閉じる